TOP > 試合結果個別

【DEEP】元警察官・高塩竜司がアウトサイダー王者・樋口武大の動き捉え逆転TKO勝利

2019/12/15(日)UP

アウトサイダー王者の樋口に、元警察官・高塩がパウンド連打

DEEP事務局
『DEEP 93 IMPACT』

2019年12月15日(日)東京・大田区総合体育館

▼第6試合 DEEPフェザー級 5分2R
○高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ)
TKO 1R 3分43秒 ※パウンド連打
●樋口武大(骨法烏合會矢野卓見道場)

 高塩は相撲、柔道をバックボーンに持ち、元警察官という顔も持つ。DEEPフューチャーキングトーナメント2015ライト級で優勝し2016年プロデビュー。3月大会でLUIZにギロチンで敗れて以来の試合となる。

 樋口はTHE OUTSIDER 60-65kg王者でこれまでTHE OUTSIDER以外にもZSTやパンクラス、Fighting Nexusなど様々な団体に参戦。DEEPは今回が初参戦となる。

勝利した高塩は敬礼ポーズ

 互いにジャブを突く展開から高塩がテイクダウン。しかし樋口はブリッジで返すとすぐにパスガード、上から三角絞め、アームロック、バックチョークと流れるような寝技を見せる。脚で4の字ロックを組み、チョークを狙いつつパウンドをコツコツ落としていく樋口。だが高塩は反転して何とか脱出するとパウンド連打。これが何発も入り、立った樋口にさらにパンチを連打。組みついてきた樋口をテイクダウンしてさらにパウンドを打つとここでレフェリーが割って入り、高塩がTKOで逆転勝利を手にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・アウトサイダー王者・樋口ほか、他団体現役王者3名が電撃参戦

・YouTuber朝倉未来の編集担当の佐々木大が一本勝ちで鮮烈デビュー

・[計量]青野ひかる「勝ってタイトルを目指す」、パク「明日は私の祭りの日」

・[計量]王者・武田光司「謝罪はここまで、決着つける」、大原樹理「チャンピオンの仲間入りを」

・前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別