TOP > 試合結果個別

【DEEP】岸本篤史が韓国の強豪ウォンビンを秒殺TKO

2019/12/15(日)UP

岸本篤史(左)が左フックからのパウンドで秒殺TKO勝利

▼第12試合 DEEPライト級 5分2R
岸本篤史(BRAVE)
TKO 1R44秒
キ・ウォンビン(TEAM POSSE)

ウォンビンが鋭いローキックで牽制する

 岸本はボクシングでインターハイミドル級3位、大学では国体成年ミドル級準優勝の実績を持つストライカー。2019年は1月大会、5月大会共に敗れており、連敗脱出と今年初勝利を目指す。

 対するウォンビンはGLADIATORライト級王者の韓国人ファイターで現在5連勝中と波に乗る。

秒殺勝利した岸本

 オーソドックスの岸本にサウスポーのウォンビン、互いにジャブ、ストレートを飛ばす中、ウォンビンがタックルに行ったところへ岸本が左フック。これがカウンターで入りウォンビンは岸本の足を抱えたまま崩れ落ちる。岸本がパウンドを落とした所をレフリーがストップし、秒殺勝利で岸本が連敗脱出を果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・岸本篤史が1RTKO勝利(今年3月)

・【DEEP】青野ひかる「勝ってタイトルを目指す」、パク「明日は私の祭りの日」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別