TOP > 試合結果個別

【DEEP】現ZST王者・竿本樹生がハシャーンからダウンを奪うなど打撃で圧倒

2019/12/15(日)UP

優勢に試合を進めた竿本(右)が勝利

DEEP事務局
『DEEP 93 IMPACT』

2019年12月15日(日)東京・大田区総合体育館

▼第15試合 DEEPフライ級 5分2R
●ハシャーンフヒト(NEX)
判定 0-3 ※三者とも18-20
○竿本樹生(BRAVE)

 竿本はジュニアオリンピックカップ2位、全国高校グレコローマンスタイル2位などの実績を持ち、MMA転向、昨年5月に第4代ZSTフライ級王者に輝いた。以降も連勝を続け、3年負けがなく現在8連勝中だ。

 ハシャーンフヒトは関西の総合格闘技イベント『DXFC』のバンタム級王者。変わったリングネームだが愛知県出身の日本人選手。柔術をバックボーンに持つが、トリッキーな打撃が持ち味だ。

 竿本は開始30秒で左ストレートでダウンを奪い、パウンド連打。しかし、立ち上がるが、竿本が飛びヒザ蹴り、のけ反りながら倒れこむと竿本のパウンドを何とかガードし立ち上がって危機を逃れる。右フックを何度もヒットしハシャーンは不利。
 しかし、竿本のパンチを組みに行き倒してハシャーンが上になり腕をとると、アームロックを極めに行く。竿本は一転ピンチに陥るが残り30秒でうまく抜けた。

 2R、序盤はお互い様子を見ていたが、中盤から竿本が再び右ストレートボディをヒットさせていく。ハシャーンが組みつきケージに追い込むが離れ際に右が再びヒットする。ハシャーンもパンチ、リーチのある前蹴りで反撃するが、竿本が優勢に試合を進め、判定3-0で竿本が勝利した。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別