TOP > 試合結果個別

【DEEP】鈴木琢仁が得意の寝技でコントロールし窪田泰斗との接戦を制す

2019/12/15(日)UP

寝技でコントロールした鈴木(上)が勝利

DEEP事務局
『DEEP 93 IMPACT』
2019年12月15日(日)東京・大田区総合体育館

▼第14試合 DEEPフェザー級 5分2R
○鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu)
判定2-1 ※20-18×2、18-20
●窪田泰斗(D’sBox’n’Fit)

 窪田は2010年にパンクラスバンタム級プロ昇格トーナメントで優勝。その後一時格闘技を離れたものの、DEEPに参戦すると破竹の10連勝を飾ったが現在連敗中。今回は復活勝利を目指す。対する鈴木はRIZINに参戦するホベルト・サトシ・ソウザと同門で寝技を得意とするファイター。

パウンドを振るう窪田

 1R、ミドルキックでバランスを崩した窪田に鈴木が組みつきケージ際の攻防となる。ここで鈴木にローブローが入り一時中断。再開後、鈴木が右ストレートからタックル、そこからすかず離れてパンチと、打撃と寝技を織り交ぜた攻撃を見せる。四つの展開から鈴木がテイクダウン、得意の寝技でマウントを奪う。窪田は脱出してトップを取るが、鈴木は下から三角締めや腕十字を狙う。窪田は下からの仕掛けを防ぎつつ時折強いパウンドを振るう。一旦立ちあがった窪田に鈴木がタックルに行ったところでラウンド終了。

 2R、バックスピンキックを見せる鈴木、そして右ストレートを当てると窪田が前に崩れるようにダウン。鈴木はすかさずギロチンに捉えるも窪田は反転して脱出する。鈴木は1Rと変わらず窪田の動きを制しつつ下からサブミッションを仕掛ける。ハーフガードからスイープを狙う鈴木だが窪田のバランスが良く返すには至らない。互いに大きな攻撃はないまま試合終了。判定は1名が窪田を支持したが、2者は鈴木、パンチを効かせ、グラウンドでコントロールした鈴木に軍配が上がった。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別