TOP > KO&一本 > 試合結果個別

【K-1】アビラルのカーフキック炸裂、最後は顔面ヒザ蹴りで141秒KO勝ち(動画あり)

2021/03/28(日)UP

アビラルの強烈な顔面へのヒザ蹴りで小鉄がダウン

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~』

2021年3月28日(日)東京・日本武道館

▼第7試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
●小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)
KO 1R 2分21秒
○アビラル・ヒマラヤン・チーター(志村道場)

 小鉄はK-1ジム琉球の代表も務めるベテランの37歳。昨年3月に行われた第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントのリザーブファイトでは藤村大輔に敗れたが、同年11月のK-1福岡大会では絢太をKOし実力を見せつけた。

 アビラルは、前体制のK-1に参戦経験を持つ格闘家デーブ・クマール・ギミーレを父に持ち、16年にネパールから来日。昨年1月にHEATミドル級王座を奪取した。同年12月のK-1初参戦では現王者の木村ミノルと対戦し出血によるTKOで敗れはしたが、1Rにダウンを奪い大きなインパクトを残した。

飛び上がってヒザ蹴りを放つチーター

 1R、開始からローで攻めたアビラルは、そこにカーフキックを織り交ぜる。小鉄は距離を作られ、アビラルはさらにヒザ、右ストレートとリーチを活かして攻める。アビラルはカーフでダメージを与え、そこからパンチで攻め、左フックと右ストレートでダウンを決める。
 立ち上がった小鉄だがすでに足にダメージを負っており、アビラルは右ストレートから顔へのヒザを決めてノックアウトした。

 マイクを取ったアビラルは、流暢な日本語で前回の木村戦は肋骨の骨折があり万全でなかったことを明かし、木村との再戦をアピール。「ほんとに誰が相手でも今日みたいなKOショーを見せれる」「K-1のベルトしか目指してない」とも語り、意気揚々と控室に引き上げた。

※全試合結果はこちら

▼この試合の動画

●編集部オススメ

・この大会の全試合速報はこちら=3.28 K-1 日本武道館

・[本日の試合]【K-1】圧巻のKO劇、マイク・ジョーの連打で相手が頭を揺らしながら崩れる! 木村ミノル戦を改めてアピール

・[本日の試合]【K-1】第1試合目から初回KOで日本武道館が沸く! 龍華が弘輝に3度ダウン奪う

・[本日の試合]【K-1】MIOが2度ダウン奪いK-1初勝利、元ボクシング王者の山田真子は初黒星を喫す

・K-1王者・木村ミノル、アビラルとの”12月の激闘”を解説「返り血で、耳から相手の血が2、3日出てきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > KO&一本 > 試合結果個別