TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】ダウンの応酬!佐々木大蔵が林健太と壮絶殴り合いの末、元同門対決を制す

2021/09/20(月)UP

壮絶な打ち合いを制した佐々木

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』
2021年9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ

▼第19試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●林健太(日本/FLYSKY GYM)
判定0-3 ※26-27、27-28、26-28
〇佐々木大蔵(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

 スーパー・ライト級のトップランナー同士の激突が実現した。林健太は、2013年にKrushでプロデビュー。2016年にK-1初参戦し、2度のダウンを含むKO勝利を収め、大きなインパクトを残した。2018年12月のK-1大阪大会ライト級世界最強決定トーナメントでは、トーナメント優勝。2019年3月の「K’FESTA.2」では、王者の卜部功也選手を下して第3代K-1ライト級王座に就いた。

 一方の佐々木大蔵は、現在Krushスーパー・ライト級王者。K-1には昨年12月のK-1両国国技館大会以来の出場となる。佐々木にとって林は、元同門の後輩にあたる関係。宿命の対決は、今大会でどんな結末になるのだろうか。

【動画】佐々木と林、両者、ダウンを奪う激闘!

佐々木の右のパンチでダウンを喫した林(左)

  1R、林がローキック。佐々木はジャブをついて様子を見る。林は左アッパー、右フックで攻撃。佐々木は左フックを放つ。ワンツーで崩しにかかる佐々木は、左、右を当てる。林は右フックを軽くヒットさせる。バックステップでかわしながら、ワンツーで入る佐々木。攻守が目まぐるしく入れ替わる。林はインロー。佐々木はジャブで距離をはかりながら、右アッパー。さらにワンツーで倒しにいく。

 2R、林がプレッシャーをかけると、佐々木はジャブを刻む。林はローキック。佐々木もローキックを返す。佐々木の右フックで、林がダウン。立ち上がった林に、佐々木は右のクロスを狙う。今度は林が、右フックでダウンを奪い返す。ワンツースリーを放つ林。佐々木も打ち返す。林がボディから右フック。佐々木は、負けずに右ストレートを放ちダウンを奪う。バックブローの佐々木。最初から最後まで乱打戦となる。

  3R、前へ出る林。右のパンチが当たる佐々木。林も打ち返す。佐々木がステップで下がりながら、右を狙う。右のパンチがヒットしても、笑う林。打ち合う両者。どちらも逃げることはしない。林のカウンターが入るが、佐々木も打ちにいく。足を止めて打ち合う。試合終了のゴングが鳴り、互いの健闘を称え合う。判定勝負となり、佐々木が3-0で元同門の後輩を下した。

 

▶︎次ページは【動画】佐々木と林、両者、ダウンを奪う激闘!

●編集部オススメ

・【試合結果】『K-1』9.20 試合結果 速報 K1 横浜アリーナ大会

・[この日の試合]野杁正明が新鋭の寧仁太・アリをボディで92秒葬、圧倒的な強さで決勝へ

・[この日の試合]安保瑠輝也がまたしてもKO勝利で、野杁正明の待つ決勝へ

・[この日の試合]初参戦・石井慧がゴリゴリのパワーで愛鷹亮を下す、継続参戦を希望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別