TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RISE】那須川天心、”卒業マッチ”で僅差の勝利!風音も気迫の大健闘

2022/04/02(土)UP

那須川(右)が風音との接戦を制した

RISEクリエーション株式会社
『Cygames presents RISE ELDORADO 2022』
2022年4月2日(土)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼メインイベント那須川天心 RISE Final Matchバンタム級(-55kg)3分3R延長1R
〇那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者)
判定2-0 ※30-29×2、29-29
●風音(TEAMTEPPEN/RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝)

【フォト】那須川のセコンドにつく朝倉未来

蹴りの那須川

 那須川が、ボクシング転向を見据えてRISEファイナルマッチを迎える。神童のニックネームの通り、戦績は45戦45勝(32KO)無敗。抜群のカウンターと芸術的な蹴り技で数々のKOを量産してきた。今年6月には、K-1のカリスマ・武尊との大一番を控えている。セコンドには朝倉未来が付く。

 対する風音は、世界一を目指して関西から上京し、RISEを中心に戦ってきた那須川の盟友。昨年には『DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント』を制覇し、那須川に挑戦状を叩きつけた。セコンドには天心の父であり、トレーナーの那須川弘幸会長が付く。

 試合前の花束の贈呈は、旧K-1で4度の世界王者となった伝説の男・アーネストホーストが行った。

 1R、那須川が飛び込んでの前蹴り。左ミドルを蹴る那須川に、風音が右ローを返す。風音が接近して、左右フックから右ストレート、那須川は左ボディフックを返す。那須川が左アッパーを見舞い、近距離で左ストレートをヒットさせる。

那須川のセコンドについた朝倉未来

 2R、風音がサウスポー構えの那須川から出る左のパンチ、蹴りを警戒し、右手のガードをしっかり固め攻めにくそうだ。しかし接近戦のタイミングで、那須川は左のヒザ蹴りをボディへ見舞う。一気に距離を詰める風音が右ストレート、那須川は右フックのカウンター。風音が飛び込んでの右ストレートをヒット。左手を付いての左ハイキックを放つ那須川は、左ストレートを当て返す。

那須川が勝利、負けた風音は悔しい表情

 3R、那須川は左のハイキック、風音は距離を詰めて左右のフックを見舞う。那須川は胴回し回転蹴りや、風音の前進をアッパーで迎え撃つ。終盤、風音が声を上げながら、気迫の右ストレート、左フック。那須川も左ストレートを返して、終了のゴングが鳴った。

 ジャッジは1者はドローと付けたが、2者が那須川を支持。那須川がRISEファイナルマッチを勝利で飾った。敗戦した風音にも会場から大きな拍手が送られた。

☆天心の試合後コメント=武尊戦に「今のままでは勝てない、しっかり仕上げて勝ちに行く」

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは【フォト】那須川のセコンドにつく朝倉未来

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・天心、試合後のコメント、武尊戦に「今のままでは勝てない、しっかり仕上げて勝ちに行く」

・4.2全試合 結果速報(那須川天心vs風音、原口健飛、白鳥大珠、志朗、ベイノア、鈴木真彦、海人、江幡兄弟ほか)

・【RISE】志朗、右ハイキックで江幡塁を戦慄KO

・【RISE】“流血”のYA-MAN、合計4度のダウンの応酬をKOで制す!あわやKO負けの試練も

・【RISE】那須川天心、ラストマッチへ向け”16歳の秘蔵映像”が公開! 当時の練習で「いっぱいベルト獲りたい」そして連続KO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別