TOP > 試合結果個別

【K-1】MIOがまさかの初戦敗退!ムエタイ強豪パヤーフォンの蹴りに封じられる

2022/06/25(土)UP

パヤーフォンがハイキックを繰り出す

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』
2022年6月25日(土)東京・国立代々木競技場 第二体育館
▼第6試合/K-1 WORLD GP初代女子アトム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●MIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定0-3 ※三者共に29-30
○パヤーフォン・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)

MIO(右)がパンチで攻めていく

 MIOはシュートボクシングで輝かしい実績を残した後、19年からK-1へ電撃移籍。元ボクシング世界王者・山田真子、菅原美優に勝利を挙げたが、21年11月に菅原とのリマッチで敗れている。菅原とは1勝1敗の因縁がある。

【動画】パヤーフォンの右フックが”バチン”とMIOにヒット!

前蹴りで攻めるパヤーフォン

 パヤーフォンは戦績70戦を超え、19年にはWPMF世界女子ピン級王座を獲得した。同年10月には高梨knuckle美穂の持つKrush女子アトム級王座に挑戦したが、激闘の末に延長戦で惜しくも敗北。しかし20年2月のKrushで再起した。

 1R、サウスポーで懐を深くするパヤーフォンはシャープな左右のミドルを飛ばす。MIOはこれにパンチで応戦。しかしパヤーフォンはブロックと目先の見切りでクリーンヒットに至らせない。

パヤーフォン(左)が勝利

 2R、パヤーフォンは距離を掴んできたか遠い間合いからの左ミドルを当てていく。右ストレート、ボディへのヒザ、前蹴りと攻撃のバリエーションを増やしていくパヤーフォン。

 3R、MIOは間合いを詰めて右ストレート、左フックとパンチを回転させるが、パヤーフォンは間合いを戻しミドルと前蹴り。MIOはこれに阻まれパンチを的確に当てられない。

 判定は3者30-29でパヤーフォン。実力者MIOを下し、トーナメント決勝進出を決めた。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【動画】パヤーフォンの右フックが”バチン”とMIOにヒット!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』6.25 女子大会「RING OF VENUS」全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】6.25 K-1女子大会『RING OF VENUS』KANA防衛戦、菅原美優・MIOら参戦=生中継、放送、配信情報

・【K-1】MIO、”大一番”へ計量パス「ベルトの価値を自分が創る」菅原美優との決勝希望

・【K-1】”スラリ長い脚”今年のK-1ガールズ8名が本日初登場!生配信も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別