TOP > ニュース

【パンクラス】元プロボクシング日本1位・三浦「寝技で極める」

2015/10/22(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

復帰戦へ向けて柔術の道場で寝技を磨く三浦

 11月1日(日)東京・ディファ有明で開催の『PANCRASE 271』に出場する、三浦広光(SAMURAI SWORD/RINGS)が10月22日(木)都内で公開練習を行った。三浦は2013年ネオブラッドトーナメント(新人王トーナメント)ウェルター級優勝者・KAZZ(GRABAKA)と対戦する。

 三浦は柔道で正力杯-81kg級ベスト8になるなどの成績を残し、2004年にMMA(総合格闘技)転向。その後、前田日明リングス代表がプロデュースした格闘チームSAMURAI SWORDの一員として『HERO’S』に参戦。アメリカの団体WECでは世界タイトルマッチに挑戦するなどレギュラー参戦していたが、2009年にプロボクシングの新人テストを受けて合格、プロボクサーに転向した。

 デビュー戦はラスベガスで行い、ラスベガスを中心にアメリカで5戦を行い全勝。2011年には日本スーパーミドル級1位にランキングされ、2012年にはデビューから9戦無敗でOPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座に挑戦したが、TKOで敗れ王座獲得はならず、この試合を最後にボクシングを引退。通算戦績は9勝(4KO)1敗。

 その後はリングから離れていたが、前田から声を掛けられMMAでの復帰を決意。10年ぶりにパンクラスに参戦する。

 公開練習ではボクシングを披露するかと思いきや、トライフォース柔術アカデミーにて柔術のスパーリングを披露。「自分の足りないところが分かっているので、全てにおいて強くならないとこの先は勝っていけない。昔は好きなことばかりやっていたので勝てないところがあった」と、柔術の練習に着手した理由を語った。

 MMAの練習は元UFCファイター岡見勇信が所属する和術慧舟會東京本部で行い、「毎週少しずついい方向に行っている」という。「ボクシングの癖はだいぶ抜けましたが、まだ危ないところがある。打撃にタックルを合わせられるので、どう間合いをとってどうやって打ち込むかですね」とまだ試行錯誤はしているようだ。

 しかし、理想とする試合展開を聞くと、パンチでのKOではなく「寝技で極める」とニヤリ。「元々、柔道をやっていた時は寝技が得意だった。そこから進歩していなかったので今から練習していきたい」と寝技の強化を進めていくという。

 理想とするスタイルはUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルド。「やるのならああいうスタイルがいい。(打撃で思い切っていけるのは)寝技が出来るからこそ出来るスタイル。でも自分は3年ぶりの試合なので、どれだけ動けるか。不安はないですが楽しみはある」

 10月4日にはウェルター級タイトルマッチが行われ、レッツ豪太を破って鈴木槙吾が新王者になったばかりだが、三浦は「どっちにも普通に勝てるでしょう。両方打撃好みの選手なのでやりやすい」と豪語した。

●編集部おススメ記事
元プロボクシング日本1位・三浦広光が復帰
・前田日明率いるリングス参戦

【大会・チケット情報】 11・1 パンクラス 「PANCRASE 271」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース