TOP > ニュース

【DEEP】世界で活躍、水野竜也が1年10カ月ぶり参戦

2017/04/11(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本ミドル級の実力者・水野(左)が1年10カ月ぶりにDEEP参戦。ミノワマンに勝ったジョンギョ(右)と激突する

 5月13日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP CAGE IMPACT 2017』の追加対戦カードが発表された。

 世界で活躍するミドル級ファイターの水野竜也(フリー)が、1年10カ月ぶりのDEEP参戦。2015年7月に開催された『ROAD FC』日本大会でミノワマンを破った韓国の強豪パク・ジョンギョと激突する。

 水野は2006年9月にパンクラスでデビューすると、いきなりキャリアに優る桜木裕司に一本勝ち。2008年3月には『DREAM』でミルコ・クロコップと対戦するなど外国人選手との対戦経験を積み、2010年7月のDREAMではメルヴィン・マヌーフに一本勝ち。

 その後は海外にも進出し、『ONE FC』を始めとして様々なプロモーションで戦ってきた。2015年7月には約4年ぶりに日本での試合を行ったが、開始からわずか2分50秒で偶発的なバッティングあり、試合続行不可能となってドローに終わっている。その後、10月に仕切り直しの参戦を果たし、ムン・ジュンヒにTKO勝ちした。ROAD FCのファイターを破り、再び世界に打って出る弾みをつけられるか。

DEEPで3度のKO勝ちを飾っているアマルサナー(右)を岡野(左)が迎え撃つ

 また、対戦相手が未定となっていた脅威のモンゴル軍の対戦相手が決まった。元DEEPライト級王者・中村大介をKOしたツォゴーフ・アマルサナーは岡野裕城、城田和秀に完勝したバータル・アズジャブハランは安部路人と対戦する。

 技術は粗いが圧倒的なパワーを誇るモンゴル軍だが、岡野も日本人離れしたフィジカルの強さを持つ。また、安部はグアムの『PXC』で外国人選手に勝利を収めている。モンゴル軍の実力が試される試合となるだろう。

●編集部オススメ記事
・3戦3勝の17歳新鋭から48歳の鉄人まで出場 
・大塚隆史が9戦無敗最強の挑戦者を迎え撃つ 
・モンゴル戦士が秒殺TKO勝ち、DEEPに蒙古軍襲来へ 

<決定対戦カード>

▼DEEPミドル級(83.9kg以下) 5分3R 
水野竜也(フリー)
vs
パク・ジョンギョ(BLACK BEAR CAMP)
DEEPライト級(70.3kg以下) 

岡野裕城(マッハ道場)
vs
ツォゴーフ・アマルサナー(COREモンゴル) 

DEEPバンタム級(61.2kg以下) 
安部路人(フリー)
vs
バータル・アズジャブハラン(COREモンゴル)

▼DEEPライト級(70.3kg以下) 5分2R
長谷川魁一(リバーサルジム立川ALPHA)
vs
岸本篤史(BRAVE)

▼DEEPライト級(70.3kg以下) 5分2R
関口雄治(ロデオスタイル)
vs
魔破 DATE(Team DATE)

【大会・チケット情報】 5・13 DEEP事務局 「DEEP CAGE IMPACT 2017」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース