TOP > ニュース

【ボクシング】井岡、KOで偉大なる記録に並ぶと宣言

2017/04/22(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

井岡はこの試合に勝てば、世界戦での通算勝利数が具志堅用高の「14勝」と並ぶ国内最多タイ記録となる

 4月23日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『ダブル世界タイトルマッチ』の調印式&計量が22日(土)大阪府内で行われた。

 これが5度目の防衛戦となるWBA世界フライ級王者・井岡一翔(井岡ジム=28)、挑戦者の同級2位ノクノイ・シットプラサート(タイ)はともに50.8kgで計量をクリアー。

 王者・井岡は現在3連続KO防衛中。この試合に勝てば、世界戦での通算勝利数が元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の「14勝」と並ぶ国内最多タイ記録となる。

挑戦者は12年間負け無し、61連勝中という驚異の戦績を誇るノクノイ(右)

 井岡は「やるべきことはやりきったので、あとは戦うだけです。リングに上がるまでしっかり準備します。明日は必ずKOします」と、KOで偉大なる記録と並ぶことを宣言した。

 対するノクノイは2003年4月にデビュー戦でKO勝ちし、2戦目から4連敗を喫するが、2005年4月の6戦目から現在まで12年間負け無し、61連勝中という驚異の戦績を誇る。年間5~6試合をコンスタントにこなし、2013年には年7試合とハイペースでキャリアを積み重ね、戦績は62勝(38KO)4敗。対戦相手はいずれもタイ人で、今回が初めての外国人選手との対戦。

「順調に調整が出来ました。最後は減量が少し苦しかったですが問題ないです。井岡は明日、私を対戦相手に選んだことを後悔することになると思う。そして私がチャンピオンになってタイの国民を喜ばせる」と、母国タイのために戦うと誓った。

●編集部オススメ記事
・井岡、2RダウンもTKO勝利「やられたら倍返しにしようと思った」 
・井岡、鮮やかKO勝ちでV3達成 
・井岡が宿敵レベコにボディでTKO勝利 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック