TOP > ニュース

【Krush】初参戦のゴンナパー「林が勝つことはない」

2017/10/27(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

破壊力抜群の攻撃が持ち味のゴンナパー

 11月5日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.82』で、第3代Bigbangスーパー・ライト級王者の林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦する、WPMF世界スーパー・ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)のコメントが主催者を通じて届いた。
 
『K-1』で山崎秀晃、卜部巧也を破り、6月にはK-1 WORLD GPライト級王者ウェイ・ルイとも接戦を繰り広げたゴンナパーは今回が『Krush』初参戦。オファーを受けた時の心境は「いつもと同じだね。他の試合と同じように試合が決まった、という心境だよ」と不動心のコメント。昨年からK-1ルールで試合をしている事に関しては「自分はタイにいた頃にボクシングもやっていたし、ルールという点で問題はないと思っている」とパンチの攻防が多くなるK-1ルールにも対応しているという。

ルイ(右)に重いミドルを蹴り込むゴンナパー(左)

 そして、6月のルイ戦を思い返し「ダウンを取られてしまったことが敗因ではあるけれど、しっかりとガードできていなかったことが良くなかった。あれからガードの技術を向上させるように練習している。
 
(後半の猛攻でルイを追い詰めたが?)あともう1Rあって自分が巧く蹴りを出してパンチが当たっていたら倒せたんじゃないかなと思う」と敗れはしたがルイ攻略に手応えを感じたようだ。

林(右)はゴンナパーと戦う事を家族から反対されたという

 今回の対戦相手である林は、過去に自らが倒している山崎と卜部の後輩だが「特にそう言われても思うところはない。自分は自分だし、相手は相手だからね。とにかく今回、相手(林)が勝つことはないだろうね」と、林については意に介していない。

 最後に「Krushの舞台でもいつも通りの激しい試合ができると思う。自分で言うのもなんだけど…自分のファンが増えてきているのも実感しているよ(笑)。(ここから結果を出して、またK-1のベルトに挑戦したい?)もちろんK-1のベルトを獲るのが今の夢だし、あのベルトを巻きたいと思っている。そのためにも今回の試合でしっかり結果を出したい」と意気込みを語った。
 

●編集部オススメ
・林健太、家族の反対を押し切ってゴンナパーと対決
・中国初のK-1王者ルイ強し、ゴンナパーから飛びヒザでダウン奪う

【大会・チケット情報】 11・5 Krush実行委員会 「Krush.82 」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース