TOP > ニュース

【Krush】飛び二段蹴りの瑠輝也「ベルトに挑戦したい」

2017/11/06(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

飛び二段蹴りで場内をどよめかせた瑠輝也。まだ必殺技があるという

 11月5日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.82』の一夜明け会見が、6日(月)都内にて行われた。

 第6試合でWMAF世界スーパー・ライト級王者の恭士郎(士魂村上塾)と対戦し、飛び二段蹴りで2度、左ハイキックで1度、計3度のダウンを奪って快勝した瑠輝也(るきや/TRY HARD GYM)が会見に出席。

「KOで倒すと言っていてダウンも取れたんですけど、恭士郎選手がタフで倒せませんでした。勝ててうれしくてほっとした気持ちもあるんですが、反省点もありました。まだまだ自分は強くなれるなと思います」と昨夜の試合を振り返る瑠輝也。

必殺の飛び二段蹴り

 場内が大きくどよめいた衝撃の飛び二段蹴りについては、「いつも飛び二段蹴りは無意識で出しているんで…感覚ですね。(二段蹴りを)出したら当たると思って出してます。練習では出さないので試合で出る技ですね」と説明し、「ほとんど考えていた作戦は出たんですけど、一つやりたかったことが出なかったので、次までに磨いてやっていきたいです。一撃で仕留める技を用意していたので、次に出したいと思います」と、さらなる必殺技があることを明かした。

豪快な蹴り技が持ち味

 3度のダウンを奪いながらもKO出来なかったことについては「攻撃が足りないことは絶対にないですね。とにかく恭士郎選手がタフでした。あのタフさは過去トップクラスです。(タフすぎてやりにくくはなかった?)やりにくいのはなかったですけど、やってて楽しかったですね。試合映像を見たら3Rに笑っていて、僕はあまり試合で笑うことはないんですけど、試合も楽しかったですね」と恭士郎のタフさを称え、試合内容には満足しているようだ。

「これから次の流れを考えたい」との宮田充K-1プロデューサーの言葉を受け、「ベルトに挑戦したいです。それはずっと思っています」とKrush-63kg王座への挑戦を宣言。宮田プロデューサーは「これはもう流れを作るしかないですね。いきましょう」と、タイトルマッチかタイトルマッチにつながる試合を用意すると語った。

●編集部オススメ
・飛び二段蹴りでダウンを奪った瑠輝也
・恭士郎を迎え撃つ瑠輝也「今回もインパクトのある試合を確実に見せる」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース