TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥、Sフライ級最後の計量パス「勝って締めくくる」

2017/12/29(金)UP

リミットちょうどで計量パスした井上(左)。

 12月30日(土)に神奈川・横浜文化体育館にて行われる『井上尚弥・拳四朗ダブル世界戦』に出場のWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋ジム)と、挑戦者ヨアン・ボワイヨ(29=フランス、同級7位)の公開計量が行なわれ、井上はリミットちょうどの52・1㎏、ボワイヨはリミット600gアンダーの51・5㎏で両者とも無事計量をパスした。

 減量がキツかったか尋ねられた井上は「いつも通りですね。スーパーフライは今回が最後って決めてるんで、ここでつまずくわけにはいかないって気持ちがある」と表情を引き締めた。

インタニューに答える井上

 挑戦者ボワイヨについての印象は「ヨーロッパ選手独特というか、左右フックとかが、ちょっと遅れたタイミングで出てくるんで、そこは気をつけたいです」と、これまでの対戦相手とは違う、変則的なパンチを警戒する。

 身長165㎝弱の井上に対し、挑戦者ボワイヨは171㎝で、6㎝の身長差があるが、「立って向かい合っても、気にならないです」と井上。「リングでかまえてみると気になる部分も出てくるかもしれませんが、そこは向き合って、感じてみたいです」と試合の中での感覚で、対処するという。

強烈な左ボディブローをニエベス(右)に何度も叩き込み、TKO勝利した井上尚弥(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 今年1年はどうだったかという質問には「充実した1年でした。アメリカでも試合できたし、ボクシング以外では、子供も生まれましたし、ボクシングも私生活も充実してました」と振り返る。「これで明日しっかり結果を出して、いい年だったなって思って年を終えたいです」と語った。

 今回の試合に関しては「2018年、新たに階級を変えてスタートするっていう意味で、自分の中で1つの区切りの試合だと思います。だからKOを狙っていきます」と力強く宣言した。
(稲垣 收)

●編集部オススメ

・井上尚弥が年末V7戦、挑戦者は31連勝

・井上尚弥がV6、アメリカ初進出をTKO勝利で飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース