TOP > ニュース

【RISE】4戦4勝4KOの倒し屋・山田洸誓、二冠王との対戦にも「問題ない」

2018/05/24(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

本戦初出場でいきなり二冠王・森本(左)との対戦にも、涼しい顔の山田(右)

 5月25日(金)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 124』の前日計量&記者会見が、24日(木)都内にて14:00より行われた。

 第8試合で対戦する、森本一陽(36=レグルス池袋)と山田洸誓(やまだ・こうせい/25=正道会館 高知)はともに65.8kgで-66kgの契約体重をクリアー。

 森本は元J-NETWORKスーパーウェルター級王者、第2代Bigbangスーパーウェルター級王者の二冠王で、WBCムエタイ・インターナショナル王者の健太と宮越宗一郎、シュートボクシング王者の坂本優起(当時)と北斗拳太郎といった強豪たちと拳を交えてきたベテランで、今回が35戦目。

山田得意のハイキック

 対する山田は2016・2017年正道会館全日本空手道選手権大会軽量級優勝の実績を持つ空手家で、キックボクシングの戦績は4戦4勝4KOのパーフェクトレコード。これまでオープニングファイトで試合を行ってきたが、今回はいきなり第8試合にジャンプアップして二冠王と対戦することになった。

 森本は「明日は昨年5月の試合中に大怪我をしてしまい久しぶりの試合になります。練習は今年に入ってから再開しました。今まで早いスパンで試合をやってきたので、こんなに開くのは始めてだから感覚が取り戻せるか。器用ではないので前へ出てガツガツやっていけたらと思います」とあいさつ。

K-1にも出場した小鉄(左)をTKOで破っている森本(右)

 山田は「森本選手は他団体のチャンピオンですが、いつも通りの自分の動きが出来たら問題ないです。自分は空手家なので空手の技を見せていきたいというのもあります」と強気なコメントをする。

 お互いの印象は「試合映像がなくてどういう選手かさっぱり分かりません(笑)。自分がどう動けるかに重点を置きます」(森本)、「ガツガツ前へどんどん来るタイプなので、上手くいなしながら戦いたいです」(山田)というもの。

 普段は69.85kgで試合をしている森本は「減量がつらかった」との本音も。山田の4戦4勝4KOについては「凄いと思います。羨ましい」と言って記者たちを笑わせたが、「でもデビューした頃にも4戦4勝4KOの選手と戦ったことがあります。これだけ勢いのある相手との試合は久しぶりですが、相手は誰でも変わりません」と気にしていない様子。

 山田はいきなり二冠王との対戦について「空手の試合の方では多くの強豪とやっているので、そこは空回りする感じはないですね」と、太々しい表情で語った。

【大会・チケット情報】 5・25 RISEクリエーション「RISE 124」

●編集部オススメ

・4戦4勝4KOの倒し屋・山田洸誓がBigbang王者・森本一陽と激突

・森本が小鉄にTKO勝ちで初防衛に成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース