TOP > 注目の写真 > 試合結果個別

【RIZIN】堀口恭司がスピードも技でもガブリエルに圧倒TKO勝ち

2017/12/29(金)UP

異次元の強さを見せた堀口。川尻達也を倒したオリベイラ(右)を全局面で圧倒した


「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

2017年12月29日(金)さいたまスーパーアリーナ

▼第12試合 RIZIN MMAトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント2nd ROUND第2試合
○堀口恭司(アメリカン・トップチーム/元第9代修斗世界フェザー級王者)
TKO 1R 4分30秒 ※左フック→レフェリーストップ
●ガブリエル・オリベイラ(ブラジル)
※堀口が準決勝へ進出。

 UFCトップクラスで活躍し、RIZINに電撃参戦を果たした堀口。今回の最有力優勝候補である。1回戦では所英男を一撃でKOした。

 対するオリベイラはデビュー以来10連続勝利をあげているブラジルの新星。ブラジルでは3団体の王座に就いている。今年10月、RIZINに初参戦し、川尻達也をKOに破ったことでトーナメント2nd ROUDからの出場となった。

 1R、堀口はスピードのある出入りでパンチ、ローを放ち、左ミドルキックに左ストレートのカウンターを合わせてオリベイラに尻餅をつかせる。オリベイラがパンチで出して前に出ると、堀口は軽快なフットワークでかわしていく。

 胴タックルでテイクダウンを奪った堀口。パウンドを打ったがオリベイラは立ち上がってくる。堀口の右ミドルからのワンツーでオリベイラがダウン。立ち上がるとオリベイラはパンチ、蹴りを放つが堀口はほとんど当てさせない。

 そして、右ストレートからの左フックでオリベイラが吹っ飛ぶようにダウン。ここでレフェリーが試合をストップした。

 オリベイラに何もさせず圧勝した堀口は、「メインの仕事が出来ましたかね? 皆さんが決めてください。日本人選手が勝っているのに自分だけ負けるわけにはいかない。負けるわけないですけれど。31日も盛り上げます。みなさん待ってます」とアピールした。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 注目の写真 > 試合結果個別