TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】山中が計量クリアー、過去最高の仕上がりで必勝宣言

2015/09/21(月)UP

計量を終え、あとは明日の試合開始を待つのみとなった王者・山中(右)と挑戦者モレノ(左)

 9月22日(火・祝)東京・大田区総合体育館で開催される『THE REAL ワールドプレミアムボクシング 22』の計量が、21日(月)都内にて13:00より行われた。

 9度目の防衛戦に臨むWBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳ジム)はリミットちょうどの53.5kg、挑戦者・同級2位で前WBA世界バンタム級王者アンセルモ・モレノ(パナマ)は53.0kgでそれぞれ一発クリアー。

バンタム級のリミットぴったりで計量をパスした山中はガッツポーズ

 計量を終えた山中は、「今回は本当にスムーズに(体重が)落ちました。苦しむことなく最終調整が出来ましたね」と減量が上手くいったと言い、「調整はバッチリです。自分自身、明日が楽しみ。昨晩もよく眠れましたし、調整は今回が一番いい」と過去最高の仕上がりであると語った。

 今回の試合は山中の“神の左”と、ディフェンス能力に優れるモレノの“神の目”の戦いと言われているが、山中は「ディフェンスがいくらよくても攻めなければ勝てない。向こうが攻めてくる場面はあるので、そこにチャンスがある。一瞬の隙を突いてしっかり勝ちたい」と、“一瞬”に勝機があるという。

ガッチリと握手をかわす両者

 また、今回も前回の試合に続いてKO宣言は封印。「KO、KOと言いすぎるとパフォーマンスに影響するのが嫌なので、フルラウンド戦っての判定勝ちでもいい。それで途中でKO出来るならKOでもいいという感覚です」とし、「難しい試合になるでしょうが、必ず勝つ。勝ちにこだわりたい」と、改めて必勝宣言した。

●編集部おススメ記事
・“神の左”炸裂、山中慎介がKO勝利で8度目の防衛
・山中慎介が“神の左”の秘密を語る
・映画「ロッキー」続編決定、内山高志がアツく語る 
【動画】ボクシング世界王者 内山高志のパンチ力を伸ばすテクニック講座 

【大会・チケット情報】 9・22 帝拳プロモーション「THE REAL ワールドプレミアムボクシング 22」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧