TOP > ニュース 一覧

【K-1】左右田泰臣、日本王者になって生き残る

2016/02/17(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

「這ってでも優勝する」と決意を語った左右田(右)

  3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント』にて、一回戦で第4代Krush-65kg王者・山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン)と対戦する左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)が2月17日(水)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 左右田は1Rのシャドーボクシングを行った後、1Rのミット打ちを披露。右ストレート、右ロー、左右のミドルを大宮司トレーナーの持つミットに叩き込んでいった。

 昨年11月の野杁正明戦で判定負けしている左右田は「前回は練習でやったことを試合で出せたけど、必死さが足りなかった。K-1は競技じゃなくて戦いだということを改めて思った」と反省の弁。最近の試合では直前まで追い込まず、試合1カ月前からコンディション調整に入っていたが「今回は試合ぎりぎりまで追い込む。今もこれ以上は追い込めないというところまで追い込んでいる」と限界ぎりぎりの練習で勝ちにいくつもりだ。

 対戦相手の山崎については「一発があって倒せる武器を持った選手。他の選手と違う軌道のパンチがあるので難しい相手だと思う。でも形はどうでもいいんで、とにかく勝つ」と言い、「今回のトーナメントのテーマは存在証明。このトーナメントを獲らないと生き残ることが出来ないし、這ってでも優勝する」とトーナメント制覇への決意を語った。

●編集部オススメ記事
・1回戦で野杁正明vs木村“フィリップ”ミノル、山崎秀晃vs左右田泰臣
・野杁正明「ぶっちぎりで優勝する」山崎秀晃「全試合KOで」

【大会・チケット情報】 3・4 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧