TOP > ニュース 一覧

【K-1】Krush王者・山崎秀晃、目標は打倒ゲーオ

2016/02/19(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

破壊力のあるパンチのミット打ちを披露した山崎(左)

 3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント』にて、一回戦で元RISEスーパーライト級王者・左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)と対戦する元Krush -65kg王者・山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン)が2月19日(金)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 これまでの公開練習では蹴り技主体のミット打ちを披露してきた山崎だが、「今持っている攻撃力を見せたかった」とこの日はパンチのミット打ちを行い、ワンツー、そして力強い左フックを披露し、好調をアピールした。

 パンチのミット打ちではパンチングミットにパンチを打ちこむのが普通だが、山崎はキックミットにパンチを打ちこんでおり、「パンチングミットでは持ち手が受け切れないというのもあるし、重いものを殴らないとパンチ力がつかないという持論がある。持ち手にも強く叩いてもらって、それに負けないパンチを打ち続けることで、攻撃力が上がってきた」と説明。

 対戦相手の左右田は野杁正明、ゲーオ・フェアテックスに敗れ二連敗中だが、これまで一度もKO負けがない。山崎は「KO負けしたことがない左右田選手が倒れる姿をお客さんも見たいと思う。試合まであと2週間ちょっと。しっかり仕上げて倒せるようにしたい」とタフな左右田をKOしたいという。

 今回は一昨年11月にゲーオに敗れて以来のK-1参戦。日本トーナメント制覇後にはゲーオへのリベンジを目標に掲げており「まずは日本代表決定トーナメントで、日本人の中で頭一つ抜けていないとゲーオへの挑戦は遠くなる。ここはしっかり通過してあいつに少しでも近づいてアピールしたい」とした。

●編集部おススメ記事
・山崎秀晃、NOMANを2RKOでKrush二階級制覇
・山崎、世界四冠王撃破で3度目の防衛に成功

【大会・チケット情報】 3・4 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧