TOP > ニュース 一覧

【K-1】ゲーオ連続参戦、郷州が初参戦

2016/03/06(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

連続参戦するゲーオ

 4月24日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg日本代表決定トーナメント』の追加対戦カードが、3月5日(土)都内での記者会見で発表された。

 3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~』で、マサロ・グランダー(オランダ)に苦戦の末辛勝したK-1 WORLD GP -65kg王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)が連続参戦。イリアス・ブライド(オランダ)と対戦する。

 会見に出席したゲーオは前日の試合を振り返り、「試合を終えてホッとしていますが、内容には満足していません。ひょっとしたら(練習の)疲れがまだ残っていたのかもしれません。また、相手が上手くてやりづらかったところもありました。全力で戦いましたが、相手のペースに飲まれてしまったところが悪い点でした」と語った。

 間髪入れず決まったブライド戦については、「相手に不足はありません。ファンの皆さんを失望させない試合が出来たらいいなと思います。次回はもう少し調整を上手くやって全力で試合に臨みます」とコメント。

郷州(右)が初参戦、島野(左)と対戦する

 また、-60kg日本代表決定トーナメントのリザーブファイトとして、郷州力のリングネームでRISEトップランカーとして活躍した郷州征宣(今回よりK-1ジム総本部チームペガサスに移籍)が初参戦。島野浩太朗(菅原道場)との対戦が決まった。

 郷州は「今まで自分はK-1に出ることが夢でした。(格闘技に)興味を持ったのもK-1ですし、一旦キックを辞めてもう一度キックを本気でやってみようと思ったのもK-1がきっかけでした。そのK-1に出られるということで、今まで関わってきた方々に感謝しています。私は耳が聞こえません。同じような境遇の方々に夢や希望を与えるのが自分の務めだと思っているので、4月の試合は必ず勝ちます」と挨拶。

 島野の印象については「勝った試合がほとんどKOなのでパンチが強い印象です」と評し、「でもしっかりパンチを殺して、負けない自信もあります」と自信を覗かせた。

 対戦する島野は「今の自分にとってベストのチャンスをいただいたと思います。しっかり準備して、試合当日は自分に可能性を感じて欲しいです。郷州選手は真っ向勝負で攻撃力も実力も心もある選手だと思います。真っ向勝負する気で行きます」と意気込んだ。

 郷州移籍の件に関して前田憲作K-1プロデューサーは、「契約に僕は関わっていませんが、契約に問題はないと聞いております」と説明。郷州自身は「(PHOENIXは)今までお世話になったジムだと思いますし、本当に感謝しています。ただ前のジムは2月末で退会届けを出して受理されております。これから自分が活躍することもジムへの恩返しになると思うので精一杯頑張ります」と答えている。

●編集部オススメ記事
・山崎秀晃が野杁正明を破り優勝、打倒ゲーオを宣言
・ゲーオがグランダーに苦戦の末辛勝  

<追加決定カード>

▼スーパーファイト K-1 -65kg FIGHT 3分3R延長1R
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/K-1 WORLD GP -65kg王者)
vs
イリアス・ブライド(オランダ/Fighting Talents)

▼K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント・リザーブマッチ 3分3R延長1R
島野浩太朗(菅原道場)
vs
郷州征宣(K-1ジム総本部チームペガサス/元RISEスーパーフェザー級5位)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧