TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】藤本京太郎、豪州の巨漢と激突「大丈夫ですよね…」

2016/03/21(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

日本ヘビー級王者・藤本京太郎

 4月27日(水)東京・大田区総合体育館で開催されるワタナベジム主催『トリプル世界戦』のアンダーカードに、日本ヘビー級王者・藤本京太郎(角海老宝石ジム)の出場が決まった。

 今回の対戦相手はネイサン・マッケイ(オーストラリア)。戦績は8戦6勝(3KO)2敗とまだキャリアは浅いが、身長195cm、体重120kgのスーパーヘビー級の体格を持つ28歳だ。藤本よりも身長で12cm、体重で約20kg上回る。

 ネイサンはデビュー5戦目の2014年7月19日、日本では未公認の団体WBFのオーストラリア王座を獲得。2014年12月6日には初防衛に成功している。また、WBFでは世界ヘビー級15位にランキングされている。

 今年3月5日、ルーカス・ブラウンがルスラン・チャガエフをKOで破り、WBA世界ヘビー級王座を獲得。オーストラリア初の世界ヘビー級王者に輝いた。ネイサンはこの快挙に勇気づけられたという。

 両者はヘビー級8回戦で対戦する。対戦決定に藤本は「これとやるんですか。めっちゃ強そうじゃないですか。大丈夫ですよね…」と弱気な発言。ネイサンは「WBFオーストラリア王者として全力を尽くす」とコメントを寄せている。

●編集部おススメ記事
藤本、苦闘の末に石田を返り討ち
藤本京太郎が56年ぶり日本ヘビー級王者に 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧