TOP > ニュース

【RIZIN】シウバ「ヒョードル&ミルコと戦いたい。早く顔面を踏みつけたいよ」

2016/04/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

かつて日本人トップファイターを次々とマットに沈めた必殺の踏み付けを田村潔司に見舞おうとするシウバ

 4月17日(日)愛知・日本ガイシホールで開催の『RIZIN.1』に参戦するヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)が来日。10日(日)神奈川県内にある田村潔司のジムU-FILE CAMPで公開練習を行った。シウバは田村とタッグチームを組み、桜庭和志&所英男組とグラップリング(全ての打撃が禁止された組み技限定ルール)のタッグマッチで対戦する。

 シウバは公開練習が始まる前から、同じジムのアンドレイ・ジダを相手に練習を開始。ミット打ちで、かつて日本人トップファイターをことごとくマットに沈めた踏みつけやサッカーボールキック、ヒザ蹴りを披露した。

 今回はグラップリングタッグマッチだが、「次は9月に日本でMMA(総合格闘技)の試合をやる」と断言。「早くRIZINルール(踏みつけやサッカーボールキックが認められるPRIDEルール)で試合がしたい。そのルールで自分の一番いい時期があったので、そのルールで早く試合がしたいんだ」と、最も自分の力が発揮できるルールで試合がしたいという。

 戦いたい相手を聞かれると「ヒョードルだ」と即答。「彼が(ヘビー級で)世界一で、自分も(ミドル級で)世界一の時にこの対戦は実現しなかった。世界一のトップファイターと試合をして自分を試したいんだ」と理由を語る。グラップリングのタッグマッチなら「ヒョードル&ミルコ組とやりたい」と夢の対決を希望した。

 そして、「RIZINを世界で一番の格闘技イベントにしたい。日本のファンを喜ばせるもっと大きいPRIDEのようなイベントになると思っている。私が戻って来たからには世界一のイベントにする」と宣言した。

●編集部オススメ記事
・ヴァンダレイ・シウバが桜庭和志&所英男とタッグマッチ対決
・ヴァンダレイ・シウバが年内日本でMMAに復帰

【大会・チケット情報】 4・17 RIZIN FF事務局 「RIZIN.1」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース