TOP > ニュース 一覧

【K-1】卜部弘嵩、ミット打ちで敵意を剥き出しに

2016/04/13(水)UP

公開練習でシャドーに励む卜部弘嵩

 4月24日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~』に出場するK-1 WORLD GP -60kg王者の卜部弘嵩(K-1ジム・チームドラゴン)が、4月13日(水)都内の所属ジムにて公開練習を行った。卜部はスーパーファイト(ワンマッチ)でパウロ・テバウ(ブラジル)と対戦する。

 デパウはブラジルの大会「WGP-KICKBOXING」を主戦場にしており、その団体の-60kg級の王者。戦績は12戦11勝(7KO)と9割の勝率を誇るサウスポースタイルのファイターだ。

 強豪との対戦を控えた卜部は、3月の大会での敗戦を踏まえたうえで、闘争心や貪欲さといった気持ちの部分を重視して練習に取り組んできたという。

「ミット打ちでも(パートナーに)敵意を剥き出すくらいのつもりでやっていたました」と練習を振り返り、「倒すまでの過程はあまり気にし過ぎないようにしています。綺麗に勝ってやろうというような余計なことは考えないで、相手を倒すことに集中するようにしています」と話す。

 スパーリングは弟の功也や4月に同ジムに移籍してきた東本央貴をパートナーに迎え、サウスポーの相手を意識しながら取り組んでいる。ここでも「毎回、相手からダウンを取るつもりで向かっています」と、闘争心を露にした。

 対戦相手の映像を見て対策を立ててはいるが「チャンピオンになってから、自身が研究されているということを踏まえ、その一段上を行けるようなスタイルを確立させていかなければならないですね」と語った。

●編集部おススメ記事
・卜部弘嵩「連戦を直訴した」
・卜部弘嵩「功也は甘っちょろい。全てが軽い」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧