TOP > ニュース

【修斗】元東大生ファイター・巽宇宙が格闘技を完全に引退

2016/05/13(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

元修斗ライト級1位・巽宇宙

 元修斗ライト級1位・巽宇宙(たつみ・うちゅう)が格闘技を完全に引退することとなった。

 巽は元東大生ファイターとして活躍し、修斗戦績は10勝1敗3分(バーリトゥード・ジャパン含)。当時の修斗ライト級王者・朝日昇やジョン・ホーキ、アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラといった強豪と引き分けている。

 2013年11月、13年ぶりにリングへ復帰してアマチュアキックボクシングで勝利し、“90年代キックのカリスマ”立嶋篤史に挑戦を表明したことで話題を集めた。

 今年5月の蹴拳でキックプロデビュー戦を行ったが、1RKO負けを喫した。巽は2007年に双極性障害(躁鬱病)を発症したといい、精神疾患を患っていても、また44歳の年齢でも勝ち続けることを目指していたが、修斗時代から言い続けた「負けたら辞める」を貫き、今回の引退表明となった。

●編集部おススメ記事
元修斗ランカーがキックのカリスマに挑戦状
元修斗東大生ファイター・巽宇宙が13年ぶりに復帰

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース