TOP > ニュース

【VTJ】復帰戦一撃KO、渡辺久江の初参戦が決定

2016/05/17(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

復帰第2戦を行う渡辺

 6月19日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『VTJ in OSAKA』に、元DEEP女子ライト級王者・渡辺久江(フリー)の参戦が決まった。

 渡辺は今年2月に開催された『WSOF-GC 2 JAPAN』にて、約5年ぶりに現役復帰。韓国の現役女子高生格闘家イ・イェジと対戦した。イェジは昨年7月の『ROAD FC 024 IN JAPAN』で、DEEP女子フライ級王者しなしさとことデビュー戦で対戦し、敗れはしたものの接戦を演じて関係者をあっと驚かせた。そのイェジを渡辺は2R3分ちょうど、右フック一発でマットに沈めて復活のKO勝ち。

 女子離れしたパンチ力が健在であることを証明した渡辺は、復帰第2戦の場所にVTJを選んだ。海外団体への進出を目指している渡辺は、再び豪快KOで世界へアピールすることが出来るか。対戦相手は後日発表となる。

 また、長きに渡り関西総合格闘技界を選手として、またプロモーションマッチメイカーとして裏側からも支え続けた古豪・田中寛之(直心会TK68)が今大会をもって現役生活を終えることに。2002年プロデビューから数えて14年、最後はVTJのケージでピリオドを打つ。

 対戦相手の田丸匠(NASCER DO SOL)は昨年の修斗新人王トーナメント・バンタム級で優勝を果たし、MVPを獲得。デビューから3戦目で修斗世界ランキングに名を連ねた今最も勢いのある超新星。抜群の打撃センスと寝技、そしてどこからでも仕掛けられる関節・絞め技を持ち合わせた田丸は、近代MMAを体現できる最も注目すべき選手と言っていい。

 本来なら田中はブランクもあり、他の対戦相手を選択することも出来たが、田丸をあえて選んだ。田中が超新星を相手に古豪の意地を見せるか、それとも田丸が勢いをそのままに田中を介錯するのか。

●編集部オススメ記事
・5年ぶり復帰の渡辺久江が一撃KO勝ち、日本勢は3勝5敗に
・35歳・渡辺久江が復帰する理由

<決定対戦カード>

▼125ポンド契約(56.7kg)5分3R
田丸 匠(NASCER DO SOL/2015年修斗バンタム級新人王&MVP)
vs
田中寛之(直心会TK68)

▼135ポンド契約(61.2kg)5分2R
土肥“聖帝”潤(MIBURO)
vs
じゅん(総合格闘技reliable)

▼145ポンド契約(65.8kg)5分2R
ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)
vs
村田崇(修斗GYMS直心会)

▼145ポンド契約(65.8kg)5分2R
鷹亜希(修斗GYMS直心会)
vs
カーリー(パラエストラ松戸)

<出場選手>
渡辺久江(フリー) 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース