TOP > ニュース

【RIZIN】堀口恭司、那須川天心よりもRENAよりも「俺が一番」

2017/12/19(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

打点の高いハイキックを見せる堀口。当たり前のように優勝をかっさらうのか

 12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の公開練習が、19日(火)都内にて行われた。

 RIZINバンタム級トーナメントに出場する元UFCファイターの堀口恭司(アメリカン・トップチーム)は、スピード感あふれるシャドーボクシングを3分間披露。ハイキック、後ろ蹴りなども繰り出し、「いい感じで準備が出来ているので、しっかりと怪我をしないように年末へ向けて体調を作っていきます」と話した。

空手出身の堀口らしく引き手のきいた突きを繰り出す

 優勝候補の筆頭として見られているが、「プレッシャーはないかな」と涼しい顔。「当たり前に優勝と言われているので、しっかり優勝しないと。ただ一発当たれば終わるので優勝できるように頑張ります」と油断もない。

 今回はトーナメントで、29日の試合に勝てば1日おいて31日に2試合を戦わなければならない。そのことについては「今は29日の試合に集中しています。他団体にはないトーナメントという特殊な試合ですが、いつも通りの練習をやってきたし、相手の対策は徹底してやってきました。(1日おきの試合は)未知ですが、どこが怪我しようと勝たないといけない」と、何があっても優勝するという。

足刀をしっかりと決めた横蹴り

 2nd ROUND(29日)では、10月の福岡大会で川尻達也をヒザ蹴りでKOしたガブリエル・オリベイラ(ブラジル)と対戦する。「手足が長いので相手には付き合わず、自分の距離でやろうと思います。相手の大きさについては組んだり手を合わせてみたりしないと分からないですね。アメリカン・トップチームでは距離対策として、身長が高くて手が長い相手を想定してやってきました」

 31日のFinal ROUNDでは、RENAが出場する女子のトーナメントと那須川天心が出場するキックボクシングのトーナメントもある。しかし、堀口は「当たり前にその中で一番でしょう。バンタム級は俺が引っ張っていく。このトーナメントは世界で一番だと思っている。その中でも他の選手とは差が出ると思うし、差を見せないといけない」と、自分が“RIZINでナンバーワン”であることを証明すると意気込む。

 そして「ベルトを巻いて最高の1年のスタートにしたいですね」と話した。

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND」

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

●編集部オススメ

・優勝候補・堀口「決勝は日本人対決がしたい」

・堀口の準決勝の相手は川尻KOしたガブリエル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース