TOP > ニュース

【K-1】KOマシン、チャディッド必勝宣言「憧れの城戸に勝つことになるとは思わなかった」

2018/03/20(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

27勝(25KO)1敗の戦績を持つチャディッドの迫力あるミット打ち

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される新生K-1史上最大のビッグイベント『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』に出場し、城戸康裕(35=谷山ジム)と対戦するイッサム・チャディッド(23=スペイン)が19日(月)都内にて公開練習を行った。

 23歳という若さながら戦績は28戦27勝(25KO)1敗とKOが多く、これまで3つのタイトルを獲得しているチャディッドは、気合いのこもったパンチや蹴りをミットに叩き込んでいった。

 スペイン人キックボクサー、というと日本ではあまりなじみがないかもしれないが、チャディッドは実はモロッコ生まれで、K-1ヘビー級で活躍した“悪童”バダ・ハリと同じくモロッコ系である。

 公開練習後のインタビューで、K-1参戦が決まった時の気持ちを尋ねられると「とても驚いたし、本当に嬉しかったよ」とニコニコしながら語った。「でも、相手の城戸はとても有名な選手だから、緊張感もあるね」

”夢の舞台”K-1で憧れの城戸と戦えるのが嬉しくてしょうがないというチャディッドはインタビュー中も笑みを絶やさなかった。

 チャディッドは、来日前に送ったメッセージで「城戸にはスペインで会ったことがある」と語っていたが、そのことについて尋ねると「僕の住んでるマヨルカ島でK-1 MAXのイベントがあって、城戸が来たんだ。その時、一緒に写真を撮らせてもらったんだよ。でもまさか、その城戸と将来対戦することになるとは思ってもいなかったね。しかも、僕が勝つことになるわけだからね。テンションが超上がってるよ」と、“憧れのファイター”城戸と戦って勝つ、という考えに興奮を隠せない様子だ。

「城戸はすごく経験値の高いファイターだし、スタイルも変則的だ。だから僕は戦場に行くような気持ちでリングに入る。真っ向からぶつかっていくつもりだから、彼にもそういう感じで来てほしい。勝ちに行くぜ!」と、小細工を弄(ろう)さず正面からの勝負を望んだ。

 モロッコの新星がベテランK-1ファイター城戸を食らって日本のファンに強烈な印象を残すのか? それとも歴戦の勇士、城戸が経験値の差を見せつけて圧勝するのか? 興味の尽きない一戦だ。

【大会・チケット情報】 3・21 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」

●編集部オススメ

・木村が城戸からダウン奪って快勝、久保に再戦要求

・城戸康裕、27勝25KOの相手に「勘弁して」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース