TOP > ニュース

【レベルス】オランダ迎え撃つ良太郎「毒を刺す」

2018/04/04(水)UP

昨年11月の王座決定戦で、ヒザ蹴りを突き刺す良太郎(左)

 4月27日(金)東京・後楽園ホールで行われる『REBELS.55』に出場する、REBELS-MUAYTHAIライト級王者・良太郎(28=池袋BLUE DOG GYM)の試合前コメントが主催者より届いた。

 良太郎は昨年11月の『REBELS.53』で行われたREBELS-MUAYTHAIライト級王座決定トーナメント準決勝戦で、1RKOし決勝に上がってきた強打のピラオ・サンタナ(メジロジム)からダウンを奪い、判定勝利を収めてベルトを巻いた。

 王者となって第一戦の対戦相手はパスカル・コスター(オランダ)。海外専門サイトによると、戦績は昨年2月の時点で29戦20勝(4KO)8敗1分。

 良太郎は相手の印象を「パスカルは典型的なオランダのキックボクサーですね。左右両方出来て、時折回転系の技を混ぜて、守りはブロッキング。フィジカルで1、2Rはガンガン押して、3Rでガス欠を起こす」と見込む。

王座決定戦4R目、決め手の右ストレートでダウンを奪った良太郎

 試合の展望は「いつものように体を仕上げて、毒を刺せるところは刺して、仕留められたらと思っています。『最初からガンガン行きます!』とは言わないですよ。ヤツらは1Rはものすごく元気ですから、ヤツらの思惑通りになっちゃうので」と、冷静さを見せる。

「サンタナとの試合の経験は大きいですよ。カッとなってバチバチに殴り合う試合じゃなくて、使う技を絞って、プラン通りに進めて勝負どころで勝負する。パスカルとの試合もそんな風に、ベルトに見合ういい試合をしたいと思ってますね」と、計画に沿った試合運びでパスカルを撃退すると語った。

●編集部オススメ

・良太郎が悲願のレベルス王座を奪取

・梅野源治が現役続行を宣言「負けたままでは終われない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース