TOP > ニュース

【K-1】野杁正明、6月・8月と連続KO宣言「今回も1Rから攻める」

2018/04/25(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

初来日のフォシアーニ(写真パネルの人物)と対戦が決まった野杁

 6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』の記者会見が、4月25日(水)都内にて行われた。

 3月大会で大和哲也をKOし、K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王座の初防衛に成功した野杁正明(24=K-1ジムEBISU)が、ISKA -65kgヨーロッパ王者ヴィンセント・フォシアーニ(ドイツ/Muay Thai Gym Mendez)とノンタイトルマッチで対戦する。

 フォシアーニは柔道出身のキックボクサーで、ヨーロッパのみならず中国やタイでも試合を行っている。ムエタイ仕込みのヒザ蹴りを得意とする「バランスに優れたファイター」(宮田充K-1プロデューサー)だという。戦績は33勝(15KO)6敗。

 野杁はフォシアーニの試合映像を見たと言い、「ザ・サウスポーという感じの選手。サウスポーからの左ミドルを主軸に戦っていますが、パンチもヒザ蹴りも問題ないですね。初参戦なので一発のパワーは分からないが、警戒するものは特にない」と評する。

 ゲーオと似たタイプかと聞かれると「タイプ的にはそんな感じですが、レベル的には全然ゲーオの方が上」として、「僕が勝つのは大前提で、強くなったと思ってもらえるのは倒すのが大前提。まだまだ進化していけると思っている。試合をするたびに野杁は強くなったと思ってもらいたいので、これからもKOを狙っていきたい。K-1のチャンピオン=KOは絶対。タイトルは懸かっていないが、外国人相手でも倒せるところを見せていきたい。今回も1Rから攻めていく」と意気込んだ。

 また、8月18日(土)名古屋国際会議場イベントホールで開催される『Krush.92~in NAGOYA~』への出場も決まっている野杁は「昨年も6月・8月と連戦させてもらって、6月が判定勝ちで8月がKO勝ちすることが出来ました。今年はKOにこだわっていきたい。6月も8月も倒して勝ち続けたい」と、連続KOしたいと宣言した。

【大会・チケット情報】 6・17 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」

●編集部オススメ

・残り3秒、野杁正明がKO勝ちで大和哲也にリベンジ

・【Krush】名古屋大会に野杁正明、大和哲也、KANA出場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース