TOP > ニュース

【レベルス】二階級制覇ハチマキが1年9カ月ぶり復帰、翔・センチャイジムにリベンジを挑む

2018/06/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ハチマキ(左)は1年9カ月ぶりの復帰戦で翔(右)にリベンジマッチを挑む

 8月3日(金)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.57』の対戦カードが発表された。

 元REBELS-MUAYTHAIライト級&スーパーライト級の二階級制覇王者ハチマキ(32=PHOENIX)が、約1年9カ月ぶりに復帰。WMC日本ライト級王者の翔・センチャイジム(35=センチャイムエタイジム)と対戦する。

 少年時代は運動嫌いのゲーマー、高校時代にボクシングを経験し、2007年12月にキックボクサーとしてプロデビューしたハチマキ。連勝と連敗を繰り返し、2013年7月に20戦目にしてREBELS-MUAYTHAIライト級王座を獲得。2015年1月には水落洋祐を破り、スーパーライト級王座を奪取して二階級制覇に成功。2016年11月の不可思戦を最後に、病気の治療のためリングを離れていた。

2014年5月の初対決では、翔がヒジ打ちでハチマキをKO

 対する翔は2006年2月にプロデビューし、戦績は58戦を数えるベテラン。これまでNJKFライト級王座、蹴拳ムエタイライト級王座など合計5本ものベルトを獲得してきた。両者は2014年5月に対戦し、パンチ&ローキックで前に出るハチマキを翔が2R2分57秒、ヒジ打ちでKOに仕留めている。

 約4年越しのリベンジマッチに挑むハチマキは「体調崩してよくならなくて、久しぶりの試合になってしまいました。もう辞めようと思った時もありましたが、また試合が見たいと言ってくれた人もいたので諦めず戻って来れました。同門の久保(政哉)もKO負けしてからいい試合で復帰して、梅野(源治)も人生を懸けたタイトルマッチで敗れて復帰しました。僕らはフェニックスなので何度でも蘇ります」と、復帰へ向けて意気込みを語っている。

<決定対戦カード>

▼64kg契約 WPMFルール
ハチマキ(32=PHOENIX/元REBELS-MUAYTHAIライト級王者、スーパーライト級王者)
vs
翔・センチャイジム(35=センチャイムエタイジム/WMC日本ライト級王者)

●編集部オススメ

・2014年5月6日のハチマキvs翔の初対決はKO決着(試合動画あり)

・スーパーライト級王座の初防衛に成功したハチマキ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース