TOP > ニュース

【K-1】イランから身長2メートルのアマ世界王者来襲

2018/07/14(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本人4選手と外国人4選手で初代クルーザー級王座が争われる

 9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』の記者会見が、7月14日(土)都内にて行われた。

 同大会で、新設されたクルーザー級(-90kg)の初代王座決定トーナメントが行われることが発表された。日本人4選手・外国人4選手によって初代王座が争われる。

身長2メートル、アマチュアで130戦以上の試合経験を積んできたカリミアン(右)が初参戦。1回戦ではOD・KEN(左)と対戦する

 イランから初参戦するシナ・カリミアン(30=イラン/WSRフェアテックス・イラン)はイラン在住で130戦以上のアマチュア経験を持つ。アマチュアでは5度世界王者となったが、イラン国内でプロ活動が認められていないためイラン国外でプロとして5試合(5勝4KO)を行った。身長は2メートル。1回戦ではOD・KEN(26=ReBORN経堂)と対戦する。

「私が住んでいるイランにはプロの格闘技がなく、全ての格闘技がアマチュアとして行われている。私はそこで130戦以上のキャリアを積んできた。K-1ファンには私の多彩な足技を見て欲しい。K-1に出るという夢は実現できたので、次はK-1のトーナメントで優勝して、K-1のベルトを巻くという夢を叶えたい」とのメッセージを寄せた(会見は欠席)。

アニメや格闘技ゲームがきっかけで格闘技を始めたというグロース(右)。1回戦では杉本(左)と対戦する

 アンドレ・グロース(20=イギリス/Firewalker Gym)は最年少の20歳で、戦績は23勝(11KO)8敗。イギリス国内で2つのタイトル獲得し、若いながら試合巧者で高い勝率を誇っている。

「今回のトーナメントで優勝してK-1が生まれた日本で自分の名を残して帰るつもりだ。俺はトーナメントで優勝するのに必要なものを全て持っている。あとは9月に試合をしてベルトを巻くだけだ」と、かなり強気なメッセージを寄せている(会見は欠席)。

次ページ:トーナメント出場各選手のコメント

●編集部オススメ

・クルーザー級を新設、初代王座決定トーナメント開催

・上原誠、引退を懸けてトーナメント臨む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース