TOP > ニュース

【Aリーグ】元ヤン47歳ママと女子高生アイドルの異色対決

2018/07/21(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ブロマッチも同時に行われる東北最大のアマチュア大会『Aリーグ40DX』

 プロマッチも同時に行われる東北最大のアマチュア大会『Aリーグ40DX』が7月29日(日)宮城・東松島にあるドラゴンボクシングスタジアム(通称DBS)で開催されることが決定した。

 今回はプロマッチが2試合組まれ、セミファイナルでは、DBS女子スーパーフライ級ランキング戦で魔由美(47=DRAGON)と細貝有里(17=TeamSRK)が激突。

 魔由美は4月大会で女子トーナメントを制して今回プロデビューを果たす宮城の元ヤンキーアラフォー。対する細貝は栃木県のご当地アイドルとして活躍中の現役高校生ファイター。

 また、メインイベントでは、DBSスーパーフライ級タイトルマッチで王者ジョッキーレック・ポーポンスリン(31=タイ/DRAGON GYM)が田口尚文(23=TeamSRK)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。

 ジョッキーレックは300戦近い戦績のベテラン選手でタイではムエカオ(首相撲とヒザ蹴りが主武器の選手)だったが、日本を拠点にしてからはパンチやキックも織り交ぜたスタイルに変化。これまでに、元日本フライ級王者HIROYUKI、INNOVATIONフライ級王者・岩浪悠弥、WPMF日本スーパーフライ級王者・佐々木雄汰といった日本の軽量級トップ選手を次々と撃破している。

栃木のご当地アイドルユニット「あかさた、ナ」のメンバーとして活動する細貝(左)

 対する田口はスーパーフライ級ながら175cmという長身から繰り出すパンチやヒザを得意とするファイター。初のタイトルマッチに向けて「秘策もある」という。ジョッキーレックがキャリアの差で貫禄を見せつけるのか、それとも恵まれた体格を生かした田口が番狂わせを起こすのか。

 そして、夏休み恒例となったDBSキッズ王者決定トーナメントが5階級(30kg、35kg、40kg、45kg、55kg)で行われ、名古屋、山梨、東京、千葉、栃木、新潟など東北以外からもキッズファイターが集まる。さらに、6名で行われるU-18DBS高校生王者トーナメント(58kg以下)も行われ、全6階級で2018年のDBS王者が決定する。その他、キッズ、一般、レディースのワンマッチや6人制トーナメント、新たな試みとしてヘッドギア無しのセミプロルール2分2R(レガース、ヒザパット、16オンスグローブ)が5試合行われる。

PINK DRAGON
「Aリーグ 40DX」
2018年7月29日(日)宮城・ドラゴンボクシングスタジアム
開場11:15 開始11:30

<決定対戦カード>

▼DBSスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
ジョッキーレック・ポーポンスリン(タイ/DRAGON GYM/DBSスーパーフライ級王者)
vs
田口尚文(TeamSRK/DBSフライ級4位/挑戦者)

▼セミファイナル DBS女子スーパーフライ級ランキング戦 2分3R
魔由美(47=DRAGON)
vs
細貝有里(17=TeamSRK)

<チケット料金>
特別リングサイド指定席5,000円 自由席2,000円 小学生以下無料

<問い合わせ>
ドラゴンジム=TEL:022-291-1966(16時~22時)

●編集部オススメ

・アイドルユニットのメンバーが活動休止しプロデビューへ

・15歳の沖縄新鋭・上間がプロデビューのアイドルを戦慄のKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース