TOP > ニュース 一覧

【ROAD FC】藤田和之vs沖縄の最強米軍ファイターなどが決定=8・18ソウル大会

2018/08/01(水)UP

藤田和之(左)と“沖縄の最強米軍ファイター”モートン(右)の対戦が決まった

 韓国最大の総合格闘技団体『ROAD FC』が、8月18日(土・現地時間)に韓国・ソウルのグランド・ウォーカーヒル・ソウルで開催するナンバーシリーズ大会『ROAD FC 49』の主要対戦カードを発表した。

 日本人選手の試合は、藤田和之(47=TEAM FUJITA)vsジャスティン・モートン(33=アメリカ)、水野竜也(37=フリー)vsイ・ウンス(36=韓国)、原田志保(34=毛利道場)vsシ・ミン(中国)の3カードが決まった。

相手に馬乗りになって強力なパンチを落とすモートン(上)

 藤田は『PRIDE』で一時代を築いた重量級の大ベテラン。今年5月に中国・北京で開催された『ROAD FC 47』に参戦し、2009年3月のピーター・グラハム戦以来、実に10年2カ月ぶりとなる勝利を上げた。ROAD FCには今大会で4度目の出場となる。

 対戦相手のモートンは、沖縄の格闘技団体『TENKAICHI』でMMA(総合格闘技)ルールのヘビー級王者として活躍しており、試合には米軍での任務の合間に出場しているという(日本でのリングネームは“ザット・ガイ”)。ROAD FCには初参戦だ。藤田は難敵モートン相手に勝利を飾ることができるか。

今年2月にDEEPミドル級王座決定戦に勝利し、男泣きする水野竜也

 続いて『DEEP』の現役王者としてROAD FC初参戦を果たすのが水野だ。これまでにメルヴィン・マヌーフやイリル・ラティフィ(現UFCライトヘビー級3位)といった世界の強豪に勝利したこともある実力者で、主戦場のDEEPでは今年2月にミドル級王座を獲得。今回は王者として迎える初の試合となる。 

 対するウンスは元ROAD FCミドル級王者の実績を持つが、2016年12月の『ROAD FC 35』でTKO勝ちを収めて以降は試合に出場しておらず、今回は1年8カ月ぶりの復帰戦。水野はウンスにしっかりと勝利し、今後はタイトル戦線に絡んでいきたいところだ。

前回は韓国のシム・ユリ(右)に敗れた原田志保(左)は、今大会でプロ初白星を目指す

 そして、今大会でプロ初白星を目指すのが原田だ。原田は『修斗』のアマチュア部門で経験を積み、昨年3月の『ROAD FC 37』でプロデビューを果たしたが、韓国の新鋭シム・ユリに判定負けを喫した。今回のプロ2戦目の相手は、1勝2敗の戦績を持つ中国の新鋭ミンとなる。

<決定対戦カード>

▼無差別級
藤田和之(47=TEAM FUJITA)
vs
ジャスティン・モートン(33=アメリカ/TENKAICHI MMAヘビー級王者)

▼ミドル級
水野竜也(37=フリー/DEEPミドル級王者)
vs
イ・ウンス(36=韓国/元ROAD FCミドル級王者)

▼女子ストロー級
原田志保(34=毛利道場)
vs
シ・ミン(中国)

●編集部オススメ

・【ROAD FC】藤田和之が10年ぶりにMMAで勝利飾る

・【DEEP】水野竜也、一本勝ちで涙の初戴冠

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧