TOP > ニュース

【ボクシング】山根明・前会長が関西及び県連盟の辞任の意向を報告

2018/08/15(水)UP

  一般社団法人日本ボクシング連盟は15日、山根 明 前会長が、関西ボクシング連盟及び奈良県ボクシング連盟の、いずれも役員・会員を辞任する意向を確認したと発表した。一部では山根氏が日本ボクシング連盟の会長を辞めても関西連盟や県連盟は辞めない可能性もあるのではとの指摘されていた。

 内容によると、山根 明 前会長は吉森専務理事と大阪市内にて本日午前10時より約1時間面談。

 山根前会長は「実は日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任すると報告した時からボクシング連盟への関与を全て辞める意向であり、本日はそれを具体的にお伝えした。また、この度のことで選手や保護者及び役員の皆さんに大変不安な思い与えたことについて深くお詫びしたい」と謝罪したという。 

 山根前会長は過去の反社会勢力との付き合いや、選手の補助金の不正流用疑惑、連盟の独裁体制などよる反発から辞任を要求され、山根会長が会見で辞任を発表。

 同日、日本ボクシング連盟は8日、ホームページで山根明会長が日本ボクシング連盟会長及び理事職の辞任を発表していた。

●編集部オススメ

・山根明会長が辞任「選手の皆様には申し訳ない」

・山根氏の「将来、東京五輪に参加できなくても次の五輪」発言の意味とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース