TOP > ニュース

【ボクシング】村田諒太、ラスベガスでの防衛戦決定に「本拠地でKOし、次へ」

2018/08/30(木)UP

会見に出席し意気込みを語った村田諒太

 10月20日(日本時間21日)WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が米・ラスベガスで2度目の防衛戦を行うことが30日、都内での記者会見で発表された。

 対戦相手はWBA同級2位のロブ・ブラント(27=米国)。戦績は24戦23勝(16KO)1敗。KO率67%の右ボクサーファイター。WBC米大陸ミドル級王座・WBC北米ミドル級王座の獲得経験がある。

 ブラントへの対策として村田は「相手は短い距離での攻撃を得意とする選手。距離が詰まればクリンチを多用してくるだろう。自分の距離でプレッシャーをかけつつ、ショートの距離でも対応できる練習をしていく」と語る。

WBA同級2位のロブ・ブラント(アメリカ)

 ボクシングの本場でもあるアメリカで試合をすることについては「いい試合をしてKOしてスポーツの本拠地で面白い試合をしたい」と語り、更に「今回はWBAからの指名防衛戦でモチベーションが上がっている。今回の試合をクリアできれば、誰と戦いたいなど自分も色々ものが言える。いい形でクリアし次の試合へ繋ぎたい」と意気込み、現WBAスーパー王者である目標のゲンナジー・ゴロフキン戦を見据える。

 試合はインターネット局「DAZN」が生中継。これまで海外選手のボクシングを放送してきたが、日本人選手の中継は村田が初となる。
 
<決定対戦カード>
10月20日(土)※日本時間21日(日)
場所:アメリカ・ラスベガスのパークシアター

▼WBA世界ミドル級タイトルマッチ
村田諒太(帝拳/同級王者)
vs
ロブ・ブラント(アメリカ/同級2位)

●編集部オススメ

・【ボクシング】村田諒太がKO勝利、日本人初のミドル級防衛成功

・村田諒太、ゴロフキンと「いい勝負が出来るんじゃないか」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース