TOP > ニュース

【ボクシング】木村翔、田中恒成との激闘に「2度効いた」、選手続行も示唆

2018/09/25(火)UP

試合後、控え室で会見に応じる木村翔と有吉会長

 9月24日(月)、名古屋の武田テバオーシャンアリーナで行われたWBO世界フライ級タイトルマッチで挑戦者の同級1位・田中恒成(23=畑中)に敗れ王座陥落となった木村翔(29=青木)。

 試合後、木村陣営の控え室での会見では、有吉将之・青木ジム会長が「7回に田中がスリップしたときはパンチが当たっていたのでダウンだと思ったし、もしそうであれば、三者三様のドローになっていた可能性が高い。それに最終ラウンドで田中につけた採点には首をかしげたい」と納得のいかない点を2つ挙げたものの「トータルでは納得している」と結論づけた。

木村の左が田中にクリーンヒットする

 田中恒成は試合後、「あれだけ打ち合ったのは、気持ちと気持ちがぶつかりあって触発し合ったから」と語ったが、木村も同様に気持ちのぶつかり合いには満足したと話した。
「田中選手がどこかで打ち上ってくるとは想定していた。僕のパンチも当たるとは思ったけど、試合中に2度効いた。最初に効いたのは第3ラウンドに左フックで膝を落とされた時。もう1つは何ラウンド目かは覚えていないけど、そのパンチで右目が見えなくなってしまった」と話した。

 今後については「ボクシングを続けたいとはまったく思わない」と断言したものの「すぐに再起したいと思うような中途半端な気持ちでやっていないという意味」と補足することで、選手続行の可能性があることもほのめかした。

●編集部オススメ

・三階級王者・田中恒成「フライ級最強を目指す」

・田中恒成が2-0僅差で木村翔に勝利、史上最短の3階級制覇

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース