TOP > ニュース 一覧

【RISE】篠塚辰樹の挑発に森本“狂犬”義久が激怒、突き飛ばしてにらみ合う

2018/09/27(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

拳をアゴの下に突き上げてきた篠塚(左)に、ムッとした森本(右)は突き飛ばす

 11月17日(土)東京・両国国技館にて開催されるキックボクシングイベント『RISE 129』の記者会見が、9月27日(木)都内で行われた。

 RISEフェザー級1位・森本“狂犬”義久(28=BRING IT ONパラエストラAKK)vs同級4位・篠塚辰樹(20=TEAM TEPPEN)の危険な対決が決定。

 森本はこの数年間、RISEを盛り上げてきたエース的な存在で、パンチ、ハイキック、ヒザ蹴りと何でも倒せる破壊力を持ち15勝のうち10勝がKO。6月大会での王座決定戦で工藤政英に敗れて戴冠ならず、今回が再起戦となる。

フォトセッションで自撮りする篠塚

 その森本にケンカを売ったのが篠塚だ。9月大会でキック3冠王の八神剣太に初回KO勝ちした篠塚は、「狂犬に勝った八神選手に勝ったので、11月の両国では狂犬とやりたい。犬狩りお願いします」とアピール。その後も両者はSNS上でやり合うなど遺恨が勃発している。

 両者は会見に出席。対戦決定を受けて森本は「意気込みはないけれど、篠塚が調子に乗っているので早くぶっ飛ばしたいだけ」、篠塚は「今大会はTEAM TEPPENが全勝したいのと、俺より弱いのにランキングが上の人がいるのでぶっ飛ばしたいだけ」と、“ぶっ飛ばしたい”と口をそろえた。

 相手の印象を聞かれると森本は「天ちゃん(那須川天心)のおまけ」(篠塚は那須川天心の父が会長を務めるジムの所属で、天心の練習仲間)、篠塚は「頭が悪そうなのと華が無い。試合も打ち合っているだけでバカな試合しているので、俺と打ち合ったらすぐ倒れちゃうので考えて試合してね」と、挑発は続く。

 森本は「天ちゃんのおまけだから余裕でしょう」と楽勝を宣言し、「近くにいるだけでムカついてきたので、この感情は言葉に出来ない」と、怒りが込み上げてきた様子。

 篠塚も「言葉に出来ないのは緊張しちゃっているからじゃないの? 顔がふくれているので腹がたつ」と森本の表情が気に入らないと吐き捨てる。さらに「勝てると思っているので提案があって、今回勝った方がファイトマネーを総取りしていいですか?」と伊藤隆RISE代表に提案。森本も「いいね、それ」と乗り気だったが、伊藤代表はその場での結論は保留にした。

 そして記者会見後のフォトセッションでは、スマホを取り出して自撮りする篠塚を森本がにらみ付け、さらに篠塚が森本のアゴの下に拳を突き出すとこれに森本が激怒。腕を突き飛ばし、さらに篠塚が同じことをすると腕を下げさせる。にらみ合いが展開され、最後は森本が篠塚を突き飛ばしてフォトセッションにならず終了。さらなる遺恨が燃え上がった。

<決定対戦カード>

▼フェザー級 3分3R延長1R
森本“狂犬”義久(28=BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級1位)
vs
篠塚辰樹(20=TEAM TEPPEN/RISEフェザー級4位)

●編集部オススメ

・森本“狂犬”義久、宮崎就斗との激戦制し王座決定戦に進出

・ボクシングからキックに転向した篠塚がKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧