TOP > ニュース

【RIZIN】那須川天心、堀口恭司戦は複雑な心境だった「台風で試合がなくなればいいと思った」

2018/10/01(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

戦い終わってノーサイド、これからも2人で日本の格闘技界を盛り上げていくと誓い合った那須川(左)と堀口(右)

 9月30日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.13』の一夜明け会見が、10月1日(月)都内にて行われた。

“世紀の一戦”と謡われたキックボクシング界の神童・那須川天心(20=TARGET/Cygames)と堀口恭司(27=アメリカン・トップチーム)の一戦は、ハイスピードのスリリングな攻防の末、3分3Rを戦って那須川が判定勝ちを収めた。

 会見に出席した堀口は「負けてしまったのにここに来てすいません。もっと強くなって帰って来ます。試合映像は終わった後ですぐに見たんですが、最終ラウンドに回転系の技をもらったので、あそこでポイントが分かれたかと思いました」と敗因を分析。

スピーディーかつスリリングな試合展開となった那須川vs堀口。再戦はあるのか

 那須川は「昨日は夢のような時間でした。RIZINじゃないとこういうことが出来ないので、しかも堀口恭司という素晴らしい選手じゃないとこういう熱が生まれなかったと思います。それと皆さんの応援のおかげでこういう注目される試合が出来て幸せでした。自分はこれから格闘技に人生を捧げて、日本の格闘技を精一杯盛り上げていくつもりなので、これからもよろしくお願いします」とあいさつ。

「自分も試合映像はもう見ました。自分が見ていてもいい試合だとは言えなかったですが、この時にこういう駆け引きをしていたなと思い出せるような試合でした」と試合内容には満足していないようで、再戦については「今は考えられないというか、もう敵として見たくないですね」とやりたくはない様子。計量時に約束していた、試合後の釣りには「行きたいです」と笑った。

 当初は大みそかにキックボクシングルールの世界トーナメントが予定され、そこに那須川と堀口がラインナップされていたが、那須川は堀口戦を終えて「どうでもよくなってしまいました」と興味を失っていたが、堀口は「日本の格闘技界が盛り上がるならやろうかなと思っています」とやる気を見せる。

 また、那須川は「プレッシャーってこういうものだと初めて実感した」と言い、「毎日堀口選手のことを考えていて、今日は勝てると思ったり、次の日はこれじゃあダメだと思ったり、今までの自分ではない感じがしました。自分で自分を追い込むというか、奮い立たせるためにいろいろ発言していましたが、内心はそうでもないところもあったり。台風が来て試合順が変更になると聞いた時は、試合がなくならないかなと一瞬思ったりもしてしまいました。そこが自分の弱い点だとも思いました」と、精神的にかなり追い込まれていたことも明かした。

 会見に訪れたファンからは「堀口選手とロッタンが戦ったらどうなりますか?」との質問が那須川に飛び、那須川は「難しい」としながらも「2人の距離が違うので。ロッタンの場合は凄く近い距離で、堀口選手は凄く遠い距離。多分、堀口選手が遠い距離から当てて倒せれば堀口選手が勝つのかなと思います」と予想。

 さらに課題を聞かれると、堀口は「もうちょっと油断しない。最後まで気を引き締めること」と答え、那須川は「自分の甘さが出た。試合に挑む姿勢だったり、倒してやるって気持ちに最後までなったりなれなかったりの部分があったので、そういう気持ちを強く持たないとダメだなって思いました」と、それぞれあげていた。

●編集部オススメ

・【RIZIN.13】全試合結果=2018年9月30日

・那須川天心、堀口恭司との世紀の一戦を振り返る「濃厚な時間でした」

・堀口恭司、那須川天心との再戦望む「やり返さないと」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース