TOP > ニュース

【AbemaTV】MIOが総合格闘技に初挑戦、佐藤ルミナが推薦

2018/10/02(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

佐藤ルミナ(右)の推薦・指導を受けて、MMAに初挑戦するMIO(左)

 インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が2018年9月29日から放送している新レギュラー番組『格闘代理戦争3rdシーズン』(毎週土曜22時00分放送)に、シュートボクシング日本ミニマム級王者であり、RENAの”妹分”としても知られるMIO(23=シーザージム)の参戦が決定した。MIOは10月6日(土)に放送される「第2話」から登場予定。

『格闘代理戦争』は、格闘技界の次世代スターを誕生させる「格闘ドキュメンタリー番組」で、格闘技界のレジェンドや現役選手がそれぞれ推薦選手(代理)を指導し、その選手たちがトーナメントで対戦して優勝者は賞金と大手プロモーションとの契約などを得るというもの。

レジェンドや現役選手が推薦選手を出し合い、トーナメントで戦わせる「格闘代理戦争」

 2017年11月12日に『K-1』を舞台に1stシーズンの放送を開始。優勝した松村英明は2018年3月にK-1でプロデビューした。同年4月29日から始まった2ndシーズンでは、「総合格闘技(=MMA)」を舞台に山本“KID”徳郁、青木真也、秋山成勲、桜井“マッハ”速人、那須川天心という5人のレジェンド&超大物ファイターが参戦の名乗りを上げ、秋山推薦のユン・チャンミンが賞金300万円とアジア最大の格闘技団体『ONE Championship』との1000万円プロ契約を勝ち獲った。

シュートボクシングでは今年4月まで20連勝を達成したMIO

 9月29日から始まった『格闘代理戦争3rdシーズン』の舞台は、 今最も熱い“ジョシカクMMA(女子の総合格闘技)”。すでに、2ndシーズンで原石を優勝へと導いた秋山成勲と青木真也、相撲界から現役力士である石浦が元修斗世界ライト級王者・宇野薫のサポートを受けて初参戦を表明している。

 今回参戦を発表したMIOは“修斗のカリスマ”佐藤ルミナの推薦選手として、初めてMMA(総合格闘技)に挑戦することに。ルミナは先にMMA挑戦を果たしたRENAの指導も行っている。既に初めての練習を終え、MIOは「格闘技を始めた時に感じた以来の楽しさ」と感想を述べ、ルミナは「MIO選手と自分の、選手と指導者としての相性がいい」と話すなど自信を示している。

 番組では過去最多10人のレジェンド&10人の原石が戦いを繰り広げていく予定だ。

●編集部オススメ

・ONEがAbema TVと提携し日本人選手2名が毎大会出場

・那須川天心が2度ダウン奪い一般公募の挑戦者を撃退

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース