TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】強打者対決に王者レリク「どっちがよりハードなパンチを繰り出すか」

2018/10/05(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

27勝24KOのトロヤノフスキー(左)と22勝19KOのレリク(右)による強打者対決

 10月7日(日)神奈川・横浜アリーナで開幕する『WORLD BOXING SUPER SERIES』の記者会見が、5日(金)都内にて行われた。

 各団体の世界王者らが高額賞金と世界一の座を争うトーナメント『WORLD BOXING SUPER SERIES』(以下WBSS)が日本で行われる。前回はスーパーミドル級とクルーザー級の2階級で行われ、今回はバンタム級とスーパーライト級などで行われる予定。

 そのスーパーライト級トーナメント準々決勝を兼ねたWBA世界スーパーライト級タイトルマッチとして、王者キリル・レリク(28=ベラルーシ)がエドゥアルド・トロヤノフスキー(38=ロシア)の挑戦を受けて初防衛戦を行う。

 レリクは22勝(19KO)2敗、トロヤノフスキーは元IBF世界スーパーライト級王者で27勝(24KO)2敗と、ともにKO勝利が多い強打者対決。

 レリクは「挑戦者はハードパンチャーということだが、どっちがよりハードなパンチを繰り出すか皆さん、見ていてください。このトーナメントを勝ち抜くという大きな目標のために一戦一戦勝って行きたいと思います」との意気込み。

 トロヤノフスキーは「2016年に来日する予定だったがかなわず、今回が初来日です。自分の力を見せられるように頑張る。日曜日は大事な日なので、僕たちの日にします。この試合は僕にとって新しい可能性を見出す戦い、自分の力を示す戦いだと思います。誰もがMUHAMMAD ALI TROPHY(優勝者に渡されるトロフィー)を狙っていると思うので、一戦一戦、戦ってチャンピオンになりたいです」と控えめに優勝宣言した。

●編集部オススメ

・井上尚弥、世界120カ国へ「さらなる強い井上尚弥をアピールしたい」

・井上尚弥がサウスポー対策にスパー120R「あとは自分の距離で戦えればクリアできる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧