TOP > ニュース

【レベルス】国内復帰戦となる小笠原瑛作「イメージは狩りに行くライオン」

2018/10/05(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

国内では過去最強の相手・健太を迎え撃つ潘(右)

 健太という大物を相手に迎える潘は「今までの日本人だったら一番強い相手だと思うので、いいチャンスもらったのでここで勝つと負けるとではこの後のストーリーが変わってくる。しっかり勝って、次にREBELS-MUAYTHAIのベルトに挑戦するのは潘だと認めてもらえるように勝ちたい」と、日本人の中では過去最強の敵だと認識し、勝ってタイトル挑戦につなげたいという。

 健太に関しては、「試合を何回も見ているし、一緒に中国遠征も行っています。強いですよね。今までやってきた誰よりもキャリアがあって、試合中に戦略を変えて対応してくるので、そこを一番警戒しています。いろいろなタイプとやっている選手なので、焦ったり驚いたりすることは少ないと思います。冷静に固く戦って来ると思うので、ポイントの取り方も上手いし、それを考えて練習してきたので出せれば勝てると思います」と、経験の差を警戒。

 実は「以前、キャンセルの出たチケットを買ってもらったことがあるし、試合後にアドバイスをもらったこともあるんです。まさかやるとは思っていなかったので。めっちゃいい人なんです」と、以前から親交があったのだという。「でも試合は試合なのでしょうがないですね」と割り切って戦いに挑むつもり。

 同門の先輩である不可思が以前に健太と対戦しており、「アドバイスをもらって、僕が気付いてなかったことも言ってくれたので、実際に肌を合わせた選手が身近にいることはは大きいですね。アドバイスを聞きながら練習しています」と、攻略のヒントを得たようだ。

 それでも「厳しい試合に絶対になる」ことは覚悟している。「ラウンド数が短い(3R)のでお互いに行く試合になりますが、練習通りに行けば負けないと思います」と、練習の成果を出せば勝てると語った。

【大会・チケット情報】 10・8 Def Fellow「REBELS.58」

●編集部オススメ

・KING強介が小笠原瑛作に下剋上挑む「キック界のパワーバランスが変わる日」

・小笠原瑛作がバックハンドブローでKO勝ち=ラジャダムナンスタジアム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース