TOP > 試合結果

【ムエタイ】小笠原瑛作がバックハンドブローでKO勝ち=ラジャダムナンスタジアム

2018/08/24(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「スック・ワンソンチャイ」
2018年8月22日(水・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼フェザー級 3分5R
〇小笠原瑛作(22=クロスポイント吉祥寺/WPMF世界スーパーバンタム級王者)
KO 2R
●ジョムギット・シットサイファ(タイ)

ムエタイの2大殿堂のひとつであるラジャダムナンでKO勝ちした小笠原(中央)

 小笠原は6月の『KNOCK OUT』でWKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁にKO負けを喫し、7連勝がストップ。ムエタイの聖地であるラジャダムナンスタジアムでの再起戦を迎えた。

 1Rが始まってすぐ、サウスポーの小笠原が左ローで先制。その後も小笠原は前へ出て左ローを狙い撃ちする。ジョムギットは前蹴りと左ハイで応戦するが、小笠原が右フックからの左ローを蹴りまくる。

 2Rも前へ出て左ローを蹴る小笠原。前蹴りからバックハンドブローを繰り出すと、これがモロにヒットしてジョムギットはもんどりうってダウン。レフェリーがすぐさま、小笠原のKO勝ちを宣した。

 試合後には、ムエタイの有力プロモーターであるソンチャイ氏から「9月20日か27日にラジャダムナンのタイトルマッチをやらないか?」と驚きの打診もあったが、小笠原はすでに10月8日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシング&ムエタイイベント『REBELS.58』での試合が決まっており、山口元気レベルス代表は泣く泣く断ったという。

●編集部オススメ

・小笠原瑛作がラジャダムナン出撃、タイ修業も

・KING強介が小笠原瑛作に下剋上挑む「キック界のパワーバランスが変わる日」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果