TOP > ニュース

【シュートボクシング】大月晴明が5年ぶり参戦、剛腕の若き王者・西岡蓮太が迎え撃つ

2018/10/15(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

大月(左)が約5年ぶりのSB参戦。9月に王者となったばかりの西岡(右)と対戦する

 11月18日(日)東京・両国国技館にて開催される、2年に一度のシュートボクシング(以下SB)の祭典『SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURNAMENT 2018』の対戦カード第一弾が発表された。

 ワンマッチに“爆腕”大月晴明(44=マスクマンズ)の参戦が決定。SB日本ライト級王者・西岡蓮太(19=龍生塾)と対戦する。

 大月は1999年10月デビューの大ベテラン選手で、これまで第3代Krush-60kg級王座、WPKC世界ムエタイ・ライト級王座などを獲得。“爆腕”と呼ばれるハードパンチを武器に数々のKO劇を生み出してきた。

“爆腕”と称される大月のパンチ

 昨年は3戦して1勝2敗と不調に終わったが、5月の『KNOCK OUT』でINNOVATIONライト級王者・山口侑馬を豪快KO。続いて8月の同大会に出場し、KING OF KNOCK OUT初代ライト級王者・森井洋介にTKOで敗れたが、森井の猛攻に棒立ちになりながらも最後までリングに立ち続けた。

 SBには2013年12月の大阪大会以来(SB日本スーパーフェザー級王者・及川知浩に判定勝ち)、実に約5年ぶりの参戦となる大月を迎え撃つ西岡は、元々アマチュア時代から剛腕を武器にKOを量産する倒し屋。プロになってからもKOを狙うスタイルで将来を有望視され、SB関西期待の新星として注目を集める。

西岡もKO狙いの剛腕の持ち主

 現在は、SBレジェンド吉鷹弘の元でメキメキ実力をつけ、9月にはSB日本ライト級王座決定戦で前・日本スーパーフェザー級王者・村田聖明と7Rに及ぶ死闘の末に、念願の王座獲得。チャンピオンとして大月戦に臨む。

<追加対戦カード>

▼63.0kg契約 SBエキスパートクラス特別ルール 3分3R
西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)
vs
大月晴明(マスクマンズ/元WPKC世界ムエタイ・ライト級王者)

●編集部オススメ

・西岡が王者弐輝いたシュートボクシング9月大会

・44歳・大月晴明の爆腕さく裂、山口侑馬と打ち合ってKO勝ち(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース