TOP > ニュース

【K-1】KANA、女子トーナメント開催のため「絶対に勝つ」

2018/10/19(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2度目のK-1参戦へ向けて気合いが入るKANA

 11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~』に出場する、Krush女子フライ級王者KANA(26=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が公開練習を行った。

 KANAは8月のKrush名古屋大会でリュウ・シーベイ(18=中国)を2R1分38秒、左ミドルキックでKO。Krush女子フライ級タイトル2度目の防衛に成功。「練習していたことが(試合と)つながりつつあったので、すぐに練習したいと思った」と1日だけ休んで練習を再開したという。

8月のKrushでは中国人選手にKOで圧勝

 公開練習ではミット打ちを披露したが、「今回も蹴り有りメインでスパーリングを多くやっていて、いい感覚で練習が出来ています」と、シーベイ戦の前と同様にスパーリング中心の練習を積んでいる。

 今回対戦するヨセフィン・ノットソン(22=スウェーデン)については、「年齢は若いけれど戦績は多い」と、27勝(9KO)3敗のキャリアを警戒。「相手は技の引き出しが多いと思うので、こちらもワンパターンにならずにいろいろな引き出しを増やして、どんな展開でも対応できるようにしたい」と技術の幅をKANAも増やしていきたいとし、「試合展開がどうなるかは分かりませんが、8月の試合が終わっていろいろなことが出来るようになってきました。それが試合で出せればベストです」と、用意は出来ているようだ。

 そして「K-1で女子トーナメントを実現させるためにも次は絶対に勝つ。この試合をピークに持っていかずに、次につなげられるように勝ちを掴み取りたい。自分が負けてしまったら、次のステップが遠ざかるだけなので、責任と覚悟を持って女子の道を創っていく」と、K-1における女子の道を切り開くと宣言した。

●編集部オススメ

・Krush女子王者KANAが2度目の参戦「豪快に倒しに行く」

・KO防衛のKANA、K-1で女子世界トーナメント開催を熱望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース