TOP > ニュース

【NJKF】ジュノン・スーパーボーイ・コンテストBEST100の中野椋太が王座挑戦

2018/10/23(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

リング外でも注目を集める中野(左)がTETSURO(右)の持つタイトルに挑戦

 12月16日(日)大阪・阿倍野区民センター大ホールで開催されるニュージャパンキックボクシング連盟『NJKF 2018 west 4th』の主要対戦カードが発表された。

 NJKFウェルター級タイトルマッチとして、王者TETSURO (GRABS)に同級1位・中野椋太 (誠至会)が挑戦するタイトルマッチが決定。この試合がメインイベントとなる。

 初防衛戦を迎えるTETSUROは札幌在住。昨年11月の後楽園ホール大会で、前王者だった浅瀬石真司を右のパンチで5度もダウンを奪い、TKOで下して悲願のベルトを巻いた。師匠はISKAムエタイ世界フライ級王者、MACH GOGO 52kg最強トーナメント優勝などの実績を持つ“8冠王”TOMONORIだ。

JUN DA雷音(左)に左ストレートを見舞う中野

 対する中野は今年8月の大阪大会(8.16大阪NJKF)でJUN DA雷音を判定で下しタイトル挑戦権を獲得。中野は「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、応募総数16293人の中から第1次審査(BEST1000)を勝ち抜き、第2次審査(BEST100)まで残ったイケメン。地元大阪でのメインイベント、最高の舞台でタイトルに挑戦する中野は「KOで倒してチャンピオンになります」とKO宣言している。

<決定対戦カード>

▼メインイベント NJKFウェルター級タイトルマッチ 3分5R
TETSURO (GRABS/同級王者)
vs
中野椋太 (誠至会/同級1位・挑戦者)

●編集部オススメ

・“イケメン”中野椋太がウェルター級王座挑戦権を獲得

・TETSUROがTKO勝ちで新王座に就く(下段)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース