TOP > ニュース

【UFC】佐々木憂流迦がフライ級10位選手と対戦

2018/10/24(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

パウンドを打ち込む佐々木。現在のUFC戦績は4勝4敗。勝ち越しを決めることが出来るか

 11月18日(土・現地時間)アルゼンチン・ブエノスアイレスのパルケ・ロカ・アリーナで開催される『UFC FIGHT NIGHT:Argentina』に、佐々木憂流迦(ささき・うるか/29=フリー)の出場が決まった。

 2014年8月からUFCに参戦している佐々木は、今年6月のシンガポール大会でジェネル・ラウザに得意のチョークスリーパーで勝利を収め、UFCでの戦績を4勝4敗のイーブンとした。UFCフライ級15位にもランクインしており、さらにランキングを上げるべくニューヨークを拠点にトレーニングに励んでいる。

佐々木の得意技リアネイキドチョーク(チョークスリーパー)

 今回対戦するアレクサンドル・パントーハ(28=ブラジル)は2017年1月からUFCに参戦。初戦を白星で飾った後、ニール・シーリーを破り、今年初旬のダスティン・オルティス戦こそ判定負け。5月に行われたブランドン・モレノ戦は制してUFC戦績を3勝1敗とし、現在フライ級ランキング10位。

 柔術とムエタイでそれぞれリオデジャネイロの州王者となっており、MMA(総合格闘技)での戦績は19勝3敗。19勝のうち7勝が関節・絞め技による一本勝ち、6勝が打撃によるKO勝ちだ。一本勝ちのうち、佐々木も得意とするチョークスリーパーで勝ったのは5回。

UFC戦績3勝1敗で、現在フライ級10位にランクインしているパントーハ(左)

 佐々木は今回の試合について「今回、ランキング10位のパントーハとブエノスアイレスで戦うことが決まりました。強い選手ですが、自分もニューヨークに来てかなりレベルアップしたので、良いパフォーマンスをして勝利できる事を信じています。11月17日、ブエノスアイレスのUFCファイトナイトでお会いしましょう」とコメントしている。

●編集部オススメ

・ロシアのヤンの剛拳に石原夜叉坊がKO負け、日本勢は1勝4敗

・中村K太郎が8カ月ぶり参戦「フィニッシュして勝ちたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース