TOP > ニュース

【DEEP】初防衛戦にしてリベンジマッチの芦田崇宏「しっかり勝つ」

2018/10/27(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ノンタイトル戦で一本負けを喫した弥益(右)を挑戦者に迎え、初防衛戦に臨む芦田(左)

 10月27日(土)東京・大田区総合体育館にて開催される『DEEP 86 IMPACT』の前日計量が、26日(金)都内にて13:00より行われた。

 DEEPフェザー級タイトルマッチで対戦する、王者・芦田崇宏(29=BRAVE)は65.70kg、挑戦者・弥益ドミネーター聡志(28=team SOS)は65.65kgでフェザー級リミットの65.80kgをそれぞれクリアー。

 両者は6月大会にてノンタイトル戦で対戦し、弥益がサッカーボールキック連打からのアームロックで1R1分35秒、一本勝ち。今回は芦田の初防衛戦での再戦となった。

 芦田は「しっかり勝って次につなげたいと思います」とリベンジして次のステップへ向かうとし、弥益は「最後の機会になると思うので芦田選手の王者らしい戦いを期待しています」と芦田に対して挑発的なコメントを残した。

ミスターメガトンの異名をとった誠吾(左)が4年ぶりに復活。酒井(右)と挑戦者決定戦を争う

 第13試合のDEEPメガトン級次期王者挑戦者決定戦で対戦する、誠吾(43=AACC)は118.35kg、酒井リョウ(31=パラエストラ松戸)は107.50kgとメガトン級(無差別級)にふさわしい計量結果。

 誠吾は「4年ぶりに試合をやるのでどれだけ身体が動くか分からないけれど、調整は出来ているので出せるものを出して明日は盛り上げたいと思います」と、盛り上げ宣言。酒井は「4年前に負けちゃったことがあるんですが、DEEPでもうひとつ出せなかった試合が誠吾選手との試合なので、明日は出し切ってタイトルにつなげたい。初の大田区なので激しい試合をしたい」とリベンジを誓った。

 なお、計量は全選手がクリアーし、27日の試合に臨む。

【大会・チケット情報】 10・27 DEEP事務局「DEEP 86 IMPACT」

●編集部オススメ

・メインは北岡悟5度目の防衛戦、三大タイトルマッチ

・元谷友貴vs釜谷真でバンタム級王座決定戦、芦田崇宏は弥益聡志と再戦で初防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース