TOP > ニュース

【MMA】元UFC王者ジョンソンと元ONE王者アスクレン、トレード移籍成立か

2018/10/28(日)UP

ONEに移籍すると見られている元UFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソン

 10月29日(日)元UFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソン(32=アメリカ)と元ONE世界ウェルター級王者ベン・アスクレン(34=アメリカ)のトレードが合意に達したと、アメリカの大手スポーツメディア「ESPN」などが報じた。

 世界最高峰と称されるアメリカのMMA(総合格闘技)団体『UFC』と、アジア最高峰と称されるシンガポールのMMA団体『ONE Championship』(通称ONE)。MMA史上類を見ない、メジャー団体トップ選手の大型トレード実現となりそうだ。

 両団体からはまだ正式発表されていないが、トレード報道と同日、ONEのチャトリ・シットヨートンCEOは自身のSNSに、「MMA史上初となるトレードを実現してくれたことに感謝したい」と、両選手・団体、ジョンソンのマネージャーであるマルキ・カワ氏に向けて、感謝のメッセージを投稿。

 また、ジョンソンとアスクレンも移籍を示唆するメッセージをSNSに投稿しており、正式発表は近いと見られる。

昨年11月のONE世界ウェルター級タイトルマッチで、青木真也(右)の挑戦を57秒TKOで退けたアスクレン(左)。この試合をもって引退する意向を示していた

 ジョンソンは2012年9月にUFCフライ級王座を獲得し、団体史上最多となる11度の連続防衛記録を樹立。2015年4月には堀口恭司の挑戦を受け、5R4分59秒、腕十字固めで勝利してUFCで堀口に唯一の黒星を付けた。今年8月に迎えた12度目の防衛戦で王座を失い、以降は試合に出場していない。

 一方、アスクレンは2014年8月にONE世界ウェルター級王者となり、昨年11月には3度目の防衛に成功したが、この試合をもって現役生活を退く意向を示していた。ONEと契約を結ぶ前には、UFCと並ぶアメリカのメジャー団体『Bellator MMA』の世界ウェルター級王者としても活躍している。

●編集部オススメ

・最多防衛王者ジョンソンついに陥落、新王者は五輪金メダリスト

・青木真也が57秒でTKO負け、アスクレンが引退試合を勝利で飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース