TOP > ニュース

【K-1】“ナイフ”の異名を持つサム・ヒル「激しい試合を見せたい」

2018/10/31(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ヒルは妻がボクシング王者で、同じジムで練習しているだけあってパンチが得意

 11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~』。

 同トーナメントに出場するサム・ヒル(27=ニュージーランド)が、10月31日(水)都内にて公開練習を行った。ヒルは1回戦で第4代Krushライト級王者の佐々木大蔵(27=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦する。

 パンチのみのミット打ちを披露したヒルは「トーナメントへ向けてハードなトレーニングを積んできた。巡って来たチャンスを無駄にしないためにもトレーニングをしてとてもいい状態だ」とやる気十分。

 対戦する佐々木については「テクニックがあり、コンビネーションが多く、スピードも含めていい選手だ。エキサイティングな相手になると思う。警戒しているのは左アッパーとジャブ。あと全体的にスピードがあるね」と評する。

 自分は「テクニックとアグレッシブさを兼ね備えた選手」と自己紹介し、「エキサイティングで動きのある激しい試合を見せたい」と話す。

 過去2回トーナメント出場経験があり、8人トーナメントと4人トーナメントでそれぞれ優勝しているとのこと。「トーナメントを制覇するには体力、メンタル、あとは集中力が必要だ。先のことは考えずに目の前の試合に集中することが大事だ」と、トーナメントに自信がある様子。

 試合でヒジによるカットで勝ったことから“シャンク”(ナイフ)とのニックネームが付いたというが、K-1ではヒジ打ちは禁止。しかし「妻がプロボクサーでニュージーランドのチャンピオンなんだが、そのジムでボクシングを練習している」とパンチにも自信があると語った。

 そして「もちろん優勝を目指す。持てるテクニックを全てお見せするよ」と、テクニックで勝負するとした。

【大会・チケット情報】 11・3 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」

●編集部オススメ

・1回戦で大和哲也とゲーオが激突、スーパー・ライト級王座決定トーナメント開催

・大和哲也「強いゲーオの姿しか頭にない」=トーナメント出場全選手コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース