TOP > ニュース

【K-1】加藤久輝との一戦迎えるRUI「自分の動きが出来たら加藤選手は倒れる」

2018/11/01(木)UP

193cmの長身から繰り出されるキックは破壊力抜群

 11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~』。

 同大会にて行われるスーパーファイトに出場する、RUI(27=K-1ジム蒲田チームキングス)が公開練習を行った。ミット打ちでは、サウスポーから鋭い蹴りを次々と繰り出した。

 RUIの相手は加藤久輝(36=ALIVE)。加藤は大道塾の総合武道・空道で全日本体力別選手権5連覇、全日本無差別選手権3度優勝。MMAではアメリカの『ベラトール』で、タイトルマッチも経験するなどトップクラスで活躍している。今年6月K-1に初参戦し、国内重量級トップファイターの上原誠を下した。

前回はこの左ヒザ蹴りでKO勝利したRUI

 RUIは「試合が発表されたあとに色々と調べて、すごい選手なんだなと思った」と加藤のキャリアを認める一方「映像を見たらゴリゴリのファイターでしたが、僕とやる選手はほとんどそんなファイターなので、大丈夫かなと思います」と脅威は感じていない様子。

 以前RUIはインタビューで「上原戦は面白くなかった」と発言。それに対し加藤は「そんなに面白い試合がしたいなら打ち合いに来い」とコメントした。
 RUIは「なんか…世界と戦ってきた人間なのに、他の選手と言うことが同じで『あら?』と思いました。予想通りのコメント」と苦笑。「そう言われたからと言って、相手に付き合うのはどうかと思う」と言い切った。

「僕は僕のやり方で上を目指していくし、自分の動きが出来たら最終的に加藤選手は倒れると思うので、面白い試合になるんじゃないですかね」とあくまで自分の動きで、面白い試合にすると話す。。

 今後のクルーザー級戦線を占う一戦となるが、RUIも「今回は『RUIが不利じゃないかな?』と思われてもしょうがない。でもそこで僕に加藤選手を当ててくれるのは期待の表れだと思う。過去最高の自分でぶつかるし、僕が勝った方がクルーザー級が盛り上がる」と下馬評を覆しクルーザー級の台風の目になると言い放った。

【大会・チケット情報】 11・3 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」

●編集部オススメ

・193cmの長身RUIがKO勝ちでリザーバーに

・空道王者の加藤久輝がK-1初参戦を勝利で飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース